中村倫也 探偵役を熱演 Web動画の新作公開「芝居でしか泣かない」プライベートも語る

芸能総合 公開日:2022/03/15 27
この記事を
クリップ

中村倫也インタビュー


※公開されている動画と内容が一部異なります。

―――約1年ぶりの探偵シリーズでしたが、撮影はいかがでしたか?

すごい順調でしたね。今日(終わるのが)早かったですね。すごく久しぶりな気がして。前に何をやったかうろ覚えなんですけど(笑)。(探偵の)キャラみたいなものは、まだ自分の中にいたので、こんな感じかなと思いながらやっていました。


―――良くないと分かりつつ、ついつい放置してしまうニキビ。中村さんは普段、嫌なことや避けたいことがあった時、放っておくタイプ?すぐに対処するタイプ?

僕は割と、明日やれることは明日やろうみたいな、無理して今やらなくてもいいや、と思ってしまうタイプなので、割と放置しがちです。でも体のことは早めに、未然にケアするようにはしています。それこそニキビとかもそうですが、大変なことになってしまったら、治るまでももちろん時間がかかるし、治るまでの工程も大変じゃないですか。そうなる前に、風邪でもなんでもそうですが、そうならないように、というのは日々気を付けています。


―――放置して忘れてしまうことはないですか?

“洗濯物畳まなきゃ”が3日くらい続きますよ。で、山になります。まとめてやるっていう。放置しちゃいますね。


―――3月といえば卒業シーズン。学生時代、卒業式で思い出に残っている印象的な出来事は?

人生で僕、大学出ていないので、3回しか学校の卒業式は経験していなくて。3回とも特に思い出がないですね。何でコイツ泣いているんだろう、と思いながら友達を見ていたタイプ。
何かを卒業するという意味では、今パッと思ったのは、中3の時に、ずっとやっていたサッカーを夏で引退して。なぜか僕の入っていたチームでは、夏の最後の大会が終わった後に、合宿もしてから引退だったんですよね。今思えば不思議ですけど。そこでコーチからの言葉など色々ありながら。100人弱いたチームなのですが、もうみんな号泣、自分もよく分からないけど号泣みたいな。やっぱり大好きなものを卒業する時は、そういう涙が出るんだな、というのは、多分人生でも数少ない経験で。サッカー好きだったんだなというのと、学校はそんなに思い入れがなかったんだな、ということが大人になって振り返ると思いますね。
でも今大変でしょ?コロナだから。僕が経験したような卒業式とはまた勝手も違ったりするのかなと想像します。でもこれはこれで逆に言えば、すごく思い出深い行事のきっかけになるかもしれないので、無事に卒業式というものができればいいですよね。


―――普段は泣かないタイプ?

芝居でしか泣いたことないですね(笑)。泣きます?大人になってから。


―――新生活を始める人へのエールの言葉をいただけますか?

(大きな声で)頑張れ!!(笑い出す中村)これに尽きますよね。
この仕事を始めてから年度とか区切りがない生活をもう15年くらいしているので、正直僕が一番ピンときていないんだと思うんですよね。だから“頑張れ”としか言えないというか。


―――ニキビやコメドに悩み、治療を続けている方へ応援のメッセージを。

肌のトラブル、ニキビとか嫌ですよね。自分は、割と“肌綺麗だね”と言われる方なのですが、実はちょこちょこ、この年でも(ニキビが)できて、すぐに皮膚科に行くようにしています。CMの中でも多分言っていることだと思いますが、早め早めにね。そのうち治るだろって放っておくと、ろくなことにならないことも出てきちゃうので、お医者さんに診てもらって、治していけるように(一緒に)やっていきましょう。頑張れ!今年一の“頑張れ”が出ましたね。(スタッフの笑い声)まだ(撮影時は)2週間くらいですけど(笑)。


中村倫也インタビュー動画



これまでの中村探偵シリーズ

2020年2月

ニキビ治療啓発Web動画『ニキビは肌のラビリンス』


▼詳しい記事はこちら(インタビューも)


2021年5月

ヘルペス治療啓発Web動画『忍び寄る口唇ヘルペスの予感』


▼詳しい記事はこちら(メイキングやインタビューも)


※この度公開される『ニキビの影にひそむ者』は、『ニキビは肌のラビリンス』の続編

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)