しずるコンビ仲にチョコプラ松尾「衝撃だった」 村上純のエッセイ裏トークも赤裸々

芸能総合 公開日:2022/03/03 14
この記事を
クリップ

人気お笑いコンビ「しずる」の村上純が、これまで芸人として歩んできた半生を赤裸々に振り返る自伝的エッセイ『裸々(らら)』(ドワンゴ)を3月25日にリリースする。


今回は発売を直前に控えた村上純、そして村上と親交の深い後輩芸人、チョコレートプラネット松尾駿を招き、対談形式のインタビューで『裸々』の魅力や、裏話、描かれなかったエピソードなどを存分に語ってもらった。


【画像】すべての写真を見る(全19枚)


――村上さんと松尾さんが親交を深めたきっかけはどのようなものだったのでしょうか。


松尾:

そこ、僕も考えてたんですよ。
いつから純さんと話すようになったんだろうって。
今回、純さんの本をお先に読ませてもらって、実はどっかで自分の名前出てこないかな、出会った時の様子が書いてあったら嬉しいなって思ってたんですけど…、出てこなかったっす!
僕の一番古い記憶をたどると、しずるさんが謹慎食らって、その情報が芸人の間にまわったあたり。


村上:

その謹慎って一発目?二発目?


松尾:

単独ライブの直前あたり。


村上:

あ、じゃあ二発目だ。


松尾:

なんで二回もやってんだよ…。
で、謹慎中だけど単独ライブはやることになって、しずるさんが神保町で単独の稽古してたんですよ。
それで、「聞きましたよ~。この謹慎でしずるさんの仕事まわってこねぇかな~」って純さんに言ったのを覚えてるんですよ。
でも、こんな話が出来るってことは、それまでにある程度関係性を築いてたわけでしょ?


村上:

ちゃんと話すようになったのは…、たぶんテレ朝の「虎の門」オーディションの時じゃないかな。
若手の中で、NSC11期のチョコプラと10期インポッシブルと僕ら9期しずるが最終まで残って。
テレ朝の会議室で「みんなで行きたいね!」なんて言ってたんだけど…、僕らだけ落ちたんですよ。


松尾:

それ僕も覚えてますね!
次に会った時、凄い言われたのも覚えてます。
「お前らなんだよ!お前らだけ受かりやがってよー!」って(笑)。


村上:

ホントにちゃんと話したのはそこかもよ。


松尾:

色んなオーディションのネタ見せで、しずるさんと一緒になることが多くて、その辺でしゃべらせてもらって、そこからちょくちょくライブとかでも一緒になって、僕もお酒好きだから純さんに飲みに連れて行ってもらうようになって。


村上:

飲める後輩じゃないと、仕事終わって「飲み行こう」って誘いづらいじゃないですか。
だから近い後輩で自然と飲むようになっていったのが松尾だったんだよね、きっと。


――村上さんから見た松尾さんはどんな後輩でしょうか?


村上:

もう「先生」ですね。


大人になってくると年齢関係ないと思うんですよ。
僕の生活態度が悪かったときに、「純さん気を付けてください」って言ってくれるのは、松尾だけなんですよ。
後輩がセンパイにそうやって言ってくれることって、なかなかないじゃないですか。
松尾は冗談交じりにそうやって言ってくれるので、ホントに助かってます。


――松尾さんからみた村上さんはどんなセンパイでしょうか?


松尾:

僕はよく言ってるでんすよ。「純さんって、そんないいもんじゃない」って。


一同:

(笑)。


松尾:

世間のしずる・村上のイメージが、凄くいい人で、しっかりしてる人じゃないですか。
そんないいもんじゃないですよ。
僕は凄く純さんが大好きなんですよ!大好きなのを大前提としてなんですけど、やっぱりどこか抜けてるところがあったり、しっかりしてないところがあったり。
特にお酒飲んだ時なんかはもう!ヤバいんすよ!
今回その話、本で書かれてなかったですよね?キレイな事ばっかりで。


一同:

(笑)。


村上:

あんまりというか、全然。一つも書かかなかったね。
又吉さんとBARに行った話くらいで。


松尾:

そんなことじゃないんですよ!
でも、そういった面も含めて、純さんは「人間らしい人」ですよね。
例えば欲望に対してもストレートですし。
個人的な話としても、僕と奥さんの出会いを提供してくれたのが、純さんなんです。
よくあるカリスマ美容師の誕生日パーティーに誘われていったんですけど。


村上:

よくあるのかよ。
西麻布でクラブでね、僕の知り合いの誕生日パーティーがあったんですよ。


松尾:

それが楽しそうだから行ってみない?って言われて行ってみたら、ちょうど僕の奥さんも友達に誘われて来てたんです。
その場で飲んで仲良くなって、もう次の日には2人で飲みにいってましたから。


村上:

そうそう!
「最近仲良くしてるんです」って報告は聞いてたんです。
で、2人が付き合い始めたくらいのタイミングに、ちょうど渋谷の交差点でバッタリ会ったんですよ。
そこで「付き合い始めたんです!」って聞いて、「マジで!?良かったね!」って言って。
そこから結婚までいってくれたのは、凄く嬉しいですね。僕は何もしてないですけど。


松尾:

いや、でもあそこで純さんが誘ってくれなかったら今の状況は無いんで。



――「お酒」というキーワードが多く出ていますが、村上さんはお酒を飲まれるとどのように?


松尾:

まず、純さんは飲んで寝たら起きないんです。
なので、僕ら後輩の間では、純さんがちょっとでもウトウトしてきたら、強制的に「帰りましょ!」って帰らせる。これが暗黙のルールになってます。
そうでもしないと、本人は「大丈夫」って言うんで。それ、全然大丈夫じゃないんですよ。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 19件)