中村倫也 『ダ・ヴィンチ』でまさかの“料理連載”スタート「夢がまた一つ叶いました」

芸能総合 公開日:2022/02/27 50
この記事を
クリップ

雑誌『ダ・ヴィンチ』4月号(KADOKAWA、3月4日発売)より俳優・中村倫也による料理連載「中村倫也のやんごとなき雑炊」がスタートする。また、4月号では中村による表紙及びスペシャルインタビューもあわせて掲載する。



中村倫也待望の新連載 テーマは“雑炊”!?

俳優・中村倫也が『ダ・ヴィンチ』でのエッセイ連載をまとめた著書『THE やんごとなき雑談』を上梓したのは、2021年3月のこと。ユニークな視点とウイットに富んだ筆致で多くの読者を虜にし、現在累計8万部を突破。また『ダ・ヴィンチ』年末恒例特集、本のランキングを発表する「BOOK  OF THE YEAR 2021」では、エッセイ・ノンフィクション部門でランキング1位に輝くなど、その文才を世に知らしめる記念すべき一冊となった。


それからはや1年――。待望の新連載のテーマは、なんと“雑炊”――!?
料理上手で知られる中村が、毎回“雑談”しながらさまざまな絶品“雑炊”を作って食す、『ダ・ヴィンチ』だからこその“読ませる”料理連載がスタートする。


担当編集者も“冗談だと思っていた”中村倫也のアイデア

「“雑談”の次は“雑炊”で」。このアイデアは中村本人によるもの。担当編集者いわく、「最初は冗談だと思っていたが、別の日にももう一度言われて、それならばと方向性を模索し始めた」とのこと。


『ダ・ヴィンチ』にとっても、料理連載は稀なことで誌面づくり自体が挑戦。スタッフも手探りで始めるものの、それも面白がってしまう中村流の遊び心が、ページの隅々にまで行きわたる。


「雑炊の一口一口で、僕らは旅をするんです……旅人なんですよ、私たちは」(連載誌面より)。

おいしい雑炊と一緒に、そんな中村の心の旅景色も味わえる(かもしれない)、そんな連載だ。


誌面で中村が雑炊作り、注目はメニュー名

連載誌面では、フードコーディネーター・タカハシユキさん考案の食材にこだわった季節感あふれるレシピと料理指導のもと、中村自身がキッチンスタジオで心を込めて雑炊をつくる。


さらに、調理過程で湧いたイメージをふくらませて中村が綴る、約200字の「ショートエッセイ」も注目。


中村イチ押しの絶品雑炊を自分でも味わってみたいという方のため、連載ページには材料とレシピも掲載。また『ダ・ヴィンチ』公式YouTubeでは、タカハシさんによるお手本・調理過程がわかるレシピ動画も公開する(中村倫也コメント付き)。


本企画で特徴的なのは、タカハシさん考案のオリジナル雑炊レシピに中村がつけるメニュー名。ベースとなる出汁から工夫が凝らされた隠し味まで、実際に調理して知り尽くした雑炊の魅力を、中村倫也流の言葉でくるんで提供する。


連載第1回が掲載される4月号では、中村が表紙&インタビューにも登場。「この連載がみんなの遊び場になるといいな」という連載開始への想いも語られているので、こちらもあわせて注目だ。


中村倫也 コメント

『ダ・ヴィンチ』で、お料理連載。幼い頃からの夢がまた一つ叶いました。
なぜ文芸情報誌で? なぜ雑炊??
今、皆さんの頭に浮かんでいるクエスチョンマークは、ひとまず台所の引き出しの調味料の隙間にでもしまってください。読めばきっと、理由は見えてくるはず。見えなきゃ見えないで、飲み込むのはそう大変じゃないはず。
雑炊のように、さらさら~と召し上がっていただける連載を目指して、一米入魂していきたいと思います。


新連載「やんごとなき雑炊」について

◆連載概要

俳優・中村倫也が楽しく雑談しながら絶品雑炊を作って食べる料理連載。

フードコーディネーター・タカハシユキ氏考案のレシピを、タカハシ氏指導のもと調理。その様子を写真と取材記事で紹介するほか、中村自身が執筆する約200ワードのショートエッセイも掲載。あわせて『ダ・ヴィンチ』公式YouTubeでは、レシピ動画も公開していく。


フードコーディネーター&レシピ:タカハシユキ
取材・文:門倉紫麻
写真:干川 修


【関連記事】

▼中村倫也インタビュー

中村倫也は「バリスタのちょび髭」?言葉から香る優しさと信念

中村倫也、夢は豊川悦司家の風呂掃除「墓石に刻みたい」


▼ドラマコラム

中村倫也が溜めた涙『珈琲いかがでしょう』奥に広がる最終話の余韻

『恋あた』森七菜&中村倫也の激甘な最終回に詰め込まれた軌跡、明日を待ちわびて

中村倫也の「ありがとう」は希望への道しるべ、『美食探偵』最終話の余韻

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ