“高学歴ジャニーズ”5人が『週刊朝日』でソロ表紙、第1弾はTravis Japan川島如恵留

芸能総合 公開日:2022/02/26 5
この記事を
クリップ

『週刊朝日』(朝日新聞出版)では、毎春、大学入学試験の合格発表を受けて、大学別の高校ランキングをはじめとする、受験や大学進学に関連する特集を大きく展開している。創刊100周年を迎えた今年のシーズンは、難関大学への進学と芸能活動と両立させている、「高学歴ジャニーズ」とも称されるジャニーズJr.の5人が、表紙とカラーグラビアを飾り、進学や勉強に関する話を聞く。


登場するのは、この5人。

川島如恵留Travis Japan/青山学院大学卒業)

那須雄登美 少年/慶應義塾大学在学中)

浮所飛貴(美 少年/立教大学在学中)

本髙克樹7 MEN 侍/早稲田大学大学院在学中)

福本大晴Aぇ! group/国公立大学在学中)


Snow Man阿部亮平が率いるジャニーズの頭脳チームとしてさまざまなクイズ番組に出演、話題をさらってきた彼ら。それぞれ、進学先を選ぶにあたっての思いや、実践した勉強法、集中力の高め方やリフレッシュ方法、そして、自身の大学生活や、受験生へのメッセージなどを、詳しく語ってもらう。実際に使用した参考書や、手書きのノートを見せてくれることも!


掲載は、『週刊朝日』が大学特集を展開する3~6月を予定している。


その第1弾として3月1日(火)発売の3月11日号に、川島如恵留が表紙に登場する。芸能活動との両立も考えたうえで、青山学院大学の総合文化政策学部への進学を志した川島。国公立大学への進学を望む両親との約束で、学費の差額を自分で払い、“米と海苔”で過ごしたという驚きのエピソードも飛び出した。2019年には、国家試験である宅地建物取引士の資格も取得している。


長文のブログでも知られる川島が明かす論文や文章を書くコツ、頭に残るノートテイキング、川島なりの暗記法など、中高生にとって、大学選びや将来を考えるにあたって参考になるのはもちろん、社会人にとっても、たくさんの気づきに満ちた充実の内容をお届けする。

※本記事は掲載時点の情報です。