SixTONESの「笑顔が最高すぎる」と話題の表紙、実は絶妙なバランスで撮影

芸能総合 公開日:2022/02/24 12
この記事を
クリップ

SixTONESが表紙を飾る『月刊TVガイド2022年4月号』(東京ニュース通信社)が本日2月24日(木)に発売された。




ニューシングル『共鳴』をリリースするSixTONES。彼らが本誌月刊TVガイドの表紙に登場するのは2020年5月発売号以来、1年9カ月ぶり。春の訪れを予感させるパステルカラーの衣装に身を包み、表紙では満開の笑みを見せている。


表紙解禁時、「SixTONESの笑顔が最高すぎる」と評判に。実はこの撮影は、足場が斜めになっている場所での撮影で、また身長差もあり、後列になった髙地優吾森本慎太郎田中樹は背伸びしながら、前列のジェシー京本大我松村北斗はかがみながらという、絶妙なバランスで行われた。そのため、バランスが崩れそうになる度に支え合ったり、むしろ崩し合ったり(!?)、その中でこぼれ落ちる笑顔が最高の1枚となった。


巻頭グラビア9Pも笑顔こぼれたカット満載でおくるほか、ジェシー×髙地優吾、京本大我×松村北斗、森本慎太郎×田中樹での2ショット撮影も。間にアクリル板を挟み、「壁があっても響かせ合う思い」をテーマに、しっとりとしたショットをお届けする。


SixTONESへのインタビューは、音楽への思いを聞くうちに、周囲のスタッフ、そしてファンとの「共鳴」、感謝の思いに話が及んだ。「SixTONESに対しての熱量をすごく感じる。本当に恵まれているなと思います」「その思いに応えたいと思う。僕らも恥ずかしくない状態でいたい」などと、常に挑戦を続ける彼ららしい言葉が多く飛び出した。一方で、メンバー同士で「共鳴」を感じたエピソードを聞けば、「共鳴(きょうめい)」から「共演(きょうえん)」「競泳(きょうえい)」へとうつる言葉遊び、脱線トークも息ぴったり! 硬軟織り交ぜた読みどころたっぷりのインタビューは誌面でチェックしていただきたい。


また、巻末ではホワイトデーSP企画として、ジャニーズWESTから桐山照史中間淳太藤井流星Travis JapanHiHi Jetsのスペシャルグラビア&インタビューを掲載。桐山照史&中間淳太&藤井流星のグラビアテーマは「WHITE や DAY!」で、最近の“白”エピソードで大盛り上がり。ニューアルバム『Mixed Juice』についても、3人視点での聴きどころを聞いた。Travis Japanは「Travis Japanとホワイトデーの朝を一緒に迎えたら」、HiHi Jetsは「しっとりチョコ男子から愛を込めて」をテーマに、この季節にぴったりの甘い企画をおくる。


ほかにも、春ドラマを彩る亀梨和也道枝駿佑赤楚衛二山下智久福原遥らのインタビューや、冬ドラマのクライマックスを推しmenがナビゲートする企画には宮世琉弥藤原大祐松岡広大らが登場する。


なお、電子版は2月下旬以降順次配信開始となる。


■「月刊TVガイド2022年4月号」
(関東版/関西版/愛知・三重・岐阜版/福岡・佐賀・大分版/北海道版/静岡版)
発売日:2022年2月24日(木)※一部、発売日が異なる地域あり
特別定価:450円

※本記事は掲載時点の情報です。