SixTONES 田中樹 “誰もが焦がれる男” 『anan』初ソロ表紙、艶っぽギア全開

芸能総合 公開日:2022/02/21 8
この記事を
クリップ

『anan』 3 月 2 日(水)発売号は、「焦がれる気持ち」特集。SixTONES田中樹が、anan 表紙にソロで初登場。6th シングル『共鳴』発売日当日に anan 表紙を飾る。


6thシングル『共鳴』を 3 月 2 日(水)にリリースする SixTONES から、田中樹が anan ソロ表紙に初登場。アーティスト活動にストイックに邁進しながら、バラエティ番組では抜群のトーク力を発揮、 ドラマ出演などでも、多彩な存在感を放つ田中。一方、アイドルとして様々なモテ伝説を生み出し続けている“爆モテ男”でもある。特集は、どうしようもない愛しさ、切なさ…。現代の想いあう感情の在りかにフォーカスした「焦がれる気持ち」特集。まさに、田中の艶やかな魅力全開。刹那的な逢瀬をテーマにした表紙&グラビアが完成した。


初のソロ表紙撮影の心境を尋ねると、 「俺に表紙をお願いするなんて、anan はやっぱり物好きだなと思いました(笑)」といたずらっぽく笑った田中。撮影後は「”焦がれる男”として、オファーいただいてとてもありがたかったです。撮影では、すべて出し切ったので、皆さんにぜひ見てもらいたい!」と、またちょっといたずらっぽくも、自信を覗かせて語ってくれた。セクシーで情熱的でほっとけない、全方位の焦がれる魅力、お見逃しなく! 


撮影テーマは、“アーティスト田中樹との刹那な逢瀬”。ホテルで二人だけになった密室のエレベータ ー、部屋で迫る瞬間、物憂げなバスルーム、ベッドサイドではしゃぎあう時間。4つの“焦がれる瞬間” を体現。記憶がフラッシュバックするように次々誌面がスイッチングする中で瞬間瞬間にみせる表情は、刹那的で超エロティック。みつめられる視線に、焦がれる気持ちがとまらない、田中との誌上でのひと時の逢瀬を楽しんでほしい。 


まずは細身䛾スーツを纏い、ホテルの入り口から部屋に入室するまでをライブシューティング風に撮影。溢れるオーラが目を引く中、エレベーターで二人っきりになれた瞬間の熱を帯びた田中の表情は、目にするだけで繊細かつ艶やかな高揚感が伝わる。 バスルームでは、田中が物憂げな孤独感を。素肌がのぞくシャツを纏い、水がしたたる空間で待ち焦がれる姿、せつない感情が溢れ出る一挙一動は、本能に訴えかける格好よさだ。そして他にもベッド上で無邪気にはしゃぐ白Tスタイル、“爆モテ感”全開のブルゾンスタイルなど、田中の底知れない魅力を全 4 種類䛾衣装で楽しめる。 


インタビューでは、田中が今までで最も強く焦がれたもの、そして今の田中が焦がれている景色について聞いた。ぶっきらぼうながらに言葉の端々にみえる様々な愛と、溢れ出る SixTONES への強い想い…田中が焦がれられる理由が、随所に垣間見えるインタビューは必読だ。 


【商品概要】 

●掲載誌:anan2289 号 

●特集名:「焦がれる気持ち。」 

●発売日:2022 年 3 月 2 日(水) 

●特別定価:680 円 

●出版社:株式会社マガジンハウス 

●全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売


©マガジンハウス

※本記事は掲載時点の情報です。