松村北斗(SixTONES)『GINGER』史上最速カムバック、ときめく“罪な男”徹底解剖

芸能総合 公開日:2022/02/20 8
この記事を
クリップ

2月22日(火)全国発売の『GINGER』2022年4月号(幻冬舎)にはアーティストとしてはもちろん俳優として大活躍中の松村北斗SixTONES)が、 読者からの熱烈なラブコールに応え単独でカバーに登場。 昨年末発売の2月号ではSixTONESのメンバーとして表紙を飾り、 その際の屈託のない満面の笑顔が話題となり、 再登場を望む熱きメッセージが編集部に多数届いていた。 今回、 最速カムバックが実現し、 多くの女性をときめかせている“罪な男”を徹底解剖。 そして2022年トラ年、 Travis JapanジャニーズJr.)の年と言っても過言ではない今、 エンタテイナーとして進化し続けている7人の大人になった顔、 そして彼らの信念について探る。 


掴めそうで掴めない、 そんな不思議な魅力を放ち続けている松村北斗は、 もっと知りたい、 胸の内を聞いてみたい…と女性たちを虜にし、 ときめかせている存在。 表紙ビジュアルが公開された直後から端正な顔立ちとアンニュイな表情、 さらに左手の薬指のリングに注目が集まりSNS上を賑わせている。 今回のカバーストーリーでは、 仕事、 他メンバーのことはもちろん、 私服やおしゃれ、 気になるデートプランや恋愛観について、 「松村北斗のこと、 もっと教えて。 」をテーマに22の質問とバリエーションのある5コーディネート、 掲載写真25カットで構成。 今思う、 理想の恋愛は? ―「言い方が難しいですが、 できるだけ波風が立つことのない関係。 恋愛は楽しいはずのものなのに、 苦しい思いをするのは本末転倒」。 2022年最新の松村北斗はどんな人?――「年々、 以前にもまして、 めんどうくさい人になっていると思います」・・・など彼の脳内と圧巻のビジュアルを披露している。


唯一無二のパフォーマンスが常に話題になって、 活躍の場を広げ続けているTravis Japan。 1年ぶりの登場となるぐっとオトナで凛々しくなった7人に、 2021年どんな変化や進化があり、 プロとしてスイッチが入る瞬間についてもインタビュー。 「本音の意見交換を続け、 メンバーがもっと好きになった」「夢は、 世界の有名アーティストとトラジャの名前を連ねること!」とこれから進む道を明らかにした彼らの決意、 そして信頼しているメンバー同士で見せる無邪気な表情のショットは必見だ。

巻頭特集の「境界線を越えた先がオモシロイ!NO BORDER」では、 桐谷美玲吉野北人THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が、 女らしさにも男らしさにもとらわれない“アンドロジナス”の世界観を圧倒的なビジュアルで披露。 またダンサー、 パフォーマー、 俳優、 クリエイティブディレクター、 さらにはソロアーティストとしてマルチな才能を発揮している岩田剛典へロングインタビュー。 ほかにも「メンズ美容のあれこれ」「フリーランスってなんだ?」「私たちらしい結婚のカタチ」…とバラエティに富んだコンテンツが満載だ。


『GINGER』2022年4月号
発売日:2月22日(火)
価格:定価 ¥850(税込)
発行:株式会社幻冬舎

※本記事は掲載時点の情報です。