菅田将暉、初めての“着こなし”考察ブック『着服史』発売

芸能総合 公開日:2022/02/15 7
この記事を
クリップ

ワニブックスは、菅田将暉新刊『着服史』(読み方:ちゃくふくし)を2022年3月25日(金)に刊行する。


なぜ、菅田将暉の着こなしがこんなにも気になるのか?自ら解き明かしていく着服の裏側。誰もが知りたかった初めての解剖書。 2017年から2021年までの約5年間でスタッフが記録した膨大なスナップと自宅に眠っていた私服を持ち出して自らコーディネ ートし撮り下ろした計240以上に及ぶ着服集【本人コメント付】。<菅田将暉>を彩るスタイリスト/ヘアメイクが語る裏側やデニムカスタマイズ密着企画、オリジナル漫画など内容盛りだくさん。


この1冊で<菅田将暉のセンス>が初めて詳らかに。全376ページにも及ぶ大ボリュームで、男女問わず楽しめる<菅田将暉×着服>好き必携の1冊が、今ここに誕生。


【菅田将暉 コメント】
舞台挨拶やバラエティ番組、雑誌や役衣装、ラジオの私服、表に出る際、様々な場面で服を着ている中、細かくクレジットが出ることもなく全身が映らず終わることも多々あります。しかし毎回スタイリストさんヘアメイクさんと、その一着を決めていく作業は僕にとってとても大切な時間だったりします。そこで2017年から2021年までの約5年間に着用した服を一冊にまとめました。スタイリングに興味のある方、どうやって僕らチームは動いているのか、なんで菅田は髪も服もいつも落ち着きがないのか、服好きという絶滅危惧種に贈る至極の一冊になっております。とはいえ、好きでも嫌いでも服は着なければなりません。かっこつけるだけが着服ではありません。その日常をどう作るのか。是非手に取って頂けると幸いです。どうぞ宜しくお願いします。


菅田将暉『着服史』

発売日:2022年3月25日(金)

価格:1,980円(税込)

仕様:新書判・並製・376 ページ
【帯・表紙カバー裏撮影:永山瑛太

※本記事は掲載時点の情報です。