若月佑美 MAISON SPECIALとコラボレーション、オンラインサロンで先行販売

芸能総合 公開日:2022/02/14 11
この記事を
クリップ

女優・モデルとして活動する若月佑美と、“SPECIAL IS YOUR STANDARD.”をコンセプトに展開するファッションブランドMAISON SPECIALが、“SPECIAL”をテーマにコラボレーション。2月15日(火)19時より、若月がプロデュースしたオーバーサイズプルオーバースウェットパーカーの先行販売がスタートする。


MAISON SPECIALは、世界中のそこにしかない技術や素材に、今を捉えた先進的/機能的デザインをのせて、SPECIALな日常を創り出す服を生み出しているファッションブランド。


一方、若月佑美にとってのSPECIALは…何も故障していない日は最高にSpecialだと嬉しくなる=「身体が健康な日」、優しい人を街で1人見かけたらそんな日はとってもSpecialでhappy=「優しい人を見つけた帰り道」、植物の新しい芽や葉が生えてきた時は感動と凄く特別な想いを持つ=「新しい芽が生えた朝」。

日常を大切に、SPECIALなものにしていく、そんな想いが重なり合ったコラボレーションとなる。


今回若月がプロデュースを手がけたのは、オーバーサイズプルオーバースウェットパーカー。二科展に8年連続入選している実力をもつ若月が今回のコラボレーションのために描き下ろした特別なデザインを、MAISON SPECIALがオリジナルで作成したボディにのせ展開していく。


フロントは、「何気なく見ていた“あの日の曲がり角(The corner of that day)”に咲いていた椿を表現。つつじよりも高貴で凛とした表情の椿は、特別感を表現するのにぴったりなお花で、胸元に咲かせるイメージでさりげなく配置しました」。


バックには、花が咲く前の椿の蕾のイラストが。「茎の部分に“ぐしゃっとなる時もある”という人間らしさを表現し、そこに花が咲く前の椿の蕾を添えました。思い出は普段隠れているけど、ふとしたときに思い出す”香り”や”音楽”などのように、ふとした瞬間に見えるものとして、フードの下にデザインを配置しました。また、椿を街角で見た当時に感じたものと、今感じているものが逆転してるかもしれないという感覚を描写しました」と説明。


ボディは、ブラック、ホワイト、グレーの3色展開。オリジナルで作成された、コットンポリエステル素材のボディは、程よくハリのある安心感ある素材感で、着用時の形も綺麗に演出してくれます。ちょうど良いオーバーサイズのシルエットで、男女問わずユニセックスで楽しめる1着となっており、販売サイトでは若月の様々なスタイリングも注目だ。


2月15日(火)19時より、若月佑美オンラインサロン「未開発区域」で先行販売スタート。一般販売は2月25日(金)からの予定です。数量限定販売となるので、お早目にご覧いただきたい。


<若月佑美コメント>

今回、とても嬉しいコラボをさせていただきました。

MAISON SPECIALさんのパーカーの生地の良さや形の良さにフィットするような、主張し過ぎず邪魔をしない馴染みの良いデザインを目指しました。といいつつ、せっかくSpecialなコラボなのでアウターを羽織ってもしっかりと若月佑美デザインと分かるようにと意識して作成しました。

たくさんの方に日常的に着ていただけたらと思います。


 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ