松村沙友理、“女優より身近な存在”へ 「10年間アイドルをやってきたのは誇り」

芸能総合 公開日:2022/02/11 31
この記事を
クリップ

女優より、“もうちょっと身近な存在”でいたい

──今後は女優業を中心に活動していかれるのでしょうか。モデル業もされていますし、カレンダーやグッズ販売などはアイドル的な要素も含んでいるように思えます。


今は演技のお仕事が楽しいなと思っているので、演技は続けていきたいですけど、アイドルだった自分は捨てたくないんです。10年間アイドルをやってきたのは、自分の中ですごく誇りなので、アイドルは卒業したけど、完全に女優さんというよりは、もうちょっとファンの皆さんの身近な存在でいたいなと思います。


──素敵ですね。今回のグッズもりんごをモチーフにしていますよね。アイドルを卒業しても「さゆりんご」なんだなと思いました。

はい、これからもさゆりんごでいきます。


──今回のグッズではファンの方とのオンライントーク会もあるんですよね。ファンの方との交流は久々なのではないでしょうか。

卒業して以来ですね。久々にお話できるのはすごく楽しみでドキドキしています。


──アイドルの松村さんを応援するのと、現在のアイドルを卒業した松村さんを応援するのでは、推し方を迷う方もいるのではないかと想像してしまいます。

私は全然何も変わっていないので、ファンの方も変わらず、アイドル時代と同じように推していただけたら、私としてはすごくうれしいです。ただ、曲を出したりするわけではないので、音楽番組に出たりすることもないし、出るコンテンツが減ってしまったので、難しいところはあるのかもしれない。けど、私としてはアイドル時代と同じように応援してほしいです。


──今後、松村さんが歌ったり踊ったりする可能性はありますか?

うーん、(桜井)玲香ちゃんなんかは舞台とかですごく歌ってますよね。いつかアイドル役とかが来たらやることもあるだろうし「まったくやりません」とは言わないけど、時の流れに身を任せます。



最近の秋元真夏は「私の顔をすごい褒めてくれるんです」


──ちなみに今回のカレンダーはどなたかに見せましたか?

まいちゅん(新内眞衣)と(秋元)真夏さんに見せました。やっぱり「さゆりんごスペシャルカレンダー」が大好評でした。「欲しい!」ってめっちゃ言ってくれたので「買ってください」って言いました(笑)。


──ラジオで共演されていた時ですね。

そう、ラジオに持っていったんです。自慢しました。真夏さんは「さゆりんごスペシャルカレンダーが、まつ(松村)らしいね」って言ってくれて。こういう変わったカレンダーを出すところが、他の子ではあまりないよねって。うれしかったです。

最近、真夏さんが私の顔をすごい褒めてくれるんですよ。会うたびに、やっぱりかわいいよねってすごい言ってくれるんです。


──メンバーの時は言われなかったんですか?

全然です。毎日会ってる時は言ってくれなかったのに、最近はプライベートとかで会った時でも第一声が「やっぱりかわいいよね」って。「真夏さんってそういうことを人に言うタイプなんだ」ってびっくりしました。


──松村さん率いる「さゆりんご軍団」は秋元さん率いる「真夏さんリスペクト軍団」のライバル関係だったから素直に褒められなかったとか。

そういうことか。


──ところで、「さゆりんご軍団」は解散してないんですよね?

してないんですよ。ひそかに集まったりもしてます。


──ではやはり、歌って踊る可能性も残されているのでは...。

私がダンスを一切覚えていない可能性があります(笑)。(伊藤)かりんちゃんとかに怒られそう。(寺田)蘭世にも「ちゃんとしてください」って言われそう。いつもの光景だけど。


──団長が怒られるんですね(笑)。では最後に、ファンの方にメッセージをいただいてもよろしいでしょうか。

今回、私の思いがすごく詰まったカレンダーが出来上がりました。ぜひ、部屋だったり職場だったり、学校だったり、いろんなところに飾って私を身近に感じられるように楽しんでもらえたら嬉しいです!


取材・文・撮影:山田健史

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)