SixTONES松村北斗『AERA』表紙に単独初登場、「美しさ」際立つカラーグラビアも

芸能総合 公開日:2022/01/28 9
この記事を
クリップ

1月31日発売のAERA2月7日号の表紙に、朝ドラの「稔さん」役で存在感を示した松村北斗が登場。


SixTONESのメンバーとしてすでに2度、表紙を飾った松村だが、単独は今回がはじめて。3ページにわたるカラーグラビア&インタビューも含め、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花が撮影。


NHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で「昭和の好青年・稔さん」を見事に演じ、鮮烈な印象を残した松村北斗。 AERA2月7日号で初めて、単独で表紙を飾り、SixTONESメンバーとしてはジェシーに続き、2人目の単独表紙。自身の監督作品『ホリック xxxHOLIC』(4月29日公開予定)に松村を起用した蜷川実花のカメラの前で松村が見せたのは、稔さんとはひと味もふた味も異なる表情。表紙はもちろん、3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでも、その「美しさ」は際立っている。


インタビューで語られたのは、朝ドラ撮影での試行錯誤、そこで見つけた「演技の課題」、SixTONESとして発売したセカンドアルバムやツアーについて――。インタビューの最後には、少し前に帰省した地元で友人と話した「空」の話も。一つ一つの質問に、自分の言葉で真摯に答える姿は、無限の「伸びしろ」を感じさせてくれる。


AERA(アエラ)2022年2月7日号

定価:440円(本体400円+税10%)

発売日:2022年1月31日(月曜日)

※本記事は掲載時点の情報です。