町田啓太「絶対的な自分の味方」だと感じる存在について語る

芸能総合 公開日:2022/01/28 49
この記事を
クリップ

俳優の町田啓太が、1月28日発売の『CLASSY.3月号』(光文社)に登場している。




4月に公開される『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』や、NHK大河ドラマ『青天を衝け』での好演など、勢いが止まらない町田啓太。


自身を主人公にしたマンガ×ドラマ化プロジェクトで大賞作品が決定し、ついに2月からドラマとして放送される。

【詳細】町田啓太がおばあちゃんに!?『ダメな男じゃダメですか?』ドラマ化決定


今回のドラマへの思い、そして大ブレイク中の今も昔も変わらず町田の心にあるものについて話を聞いている。“きちんと食べること” “故郷”、そして大好きな“おばあちゃん”。


子供の頃からおばあちゃん子だったという町田。「絶対的な自分の味方」だと感じているそうで、今でも電話をしたり、漢方薬を送ったりしています、というエピソードを語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)