眞栄田郷敦「俺は俺でいいよね」というスタンス、役者という仕事への真摯な気持ち語る

芸能総合 公開日:2022/01/27 9
この記事を
クリップ

『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』3月号(株式会社扶桑社)特装版カバー&別冊付録に眞栄田郷敦が登場。16ページにわたる別冊付録「眞栄田郷敦 エモーショナルなとき」では、ファッションストーリーからロングインタビューまで、眞栄田郷敦のリアルな今に迫る。



デビューからわずか3年で、オファーが絶えない俳優として注目を浴びる眞栄田郷敦。ヌメロ・トウキョウはそんな彼の魅力を大特集。撮り下ろしグラビアでは、ハイブランドをさらりと着こなし、すました顔から笑顔までさまざまな表情で魅了。鍛え抜かれた体躯を感じるカットも。インタビューでは「仕事の質は常に、昨日より今日、今日よりも明日……。とずっと右上がりで更新していきたい」。「親と兄がこの世界にいることを重く受け止めたことは一度もなくて(中略)。二人とも尊敬する部分があるから、視野に入れないというわけではなくて『俺は俺でいいよね』というスタンスです」と、役者という仕事への真摯な気持ちを語っている。


サイン入り色紙プレゼントの応募券も。今を駆け抜ける眞栄田郷敦を特集した『ヌメロ・トウキョウ』3月号特装版をチェックしよう。


■『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』3月号特装版(増刊)

2022年1月28日発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ