白濱亜嵐「ダンス」「楽曲オンエア」封印しラジオ出演、文学賞と関わって生じた“変化”語る

芸能総合 公開日:2022/01/26 6
この記事を
クリップ

番組スタートから1周年を迎えた『FM愛媛の“まじめ”なコトバプロジェクト コトバノまほう』。1月29日(土)の放送に、GENERATIONSのリーダーかつ、俳優としても活躍中の白濱亜嵐がゲスト出演する。



本番組は文学の街・松山のラジオ局・FM愛媛が日本語と“まじめ”に向きあう対談番組で、パーソナリティに愛媛県出身のショートショート作家・田丸雅智を起用し、月に一度、様々なゲストとともに日本語が持つ魅力や可能性について考えている。


1月29日(土)の放送では、パーソナリティの田丸雅智と同じく愛媛県松山市出身で、GENERATIONSのリーダーかつ、俳優としても活躍中の白濱亜嵐がゲスト出演。


「ダンス」も「楽曲オンエア」も封印した上で、「日本語」や「文学」、地元愛媛県の魅力についても語り合ってもらう貴重な放送だ。


二人は、愛媛県松山市が1989年の市政100周年を機に創設した公募形式による文学賞で、青春文学の登竜門としても知られている『坊っちゃん文学賞』にも関わっている。番組の中では、白濱がこの文学賞と関わったことで、言葉との向き合い方に生じた変化などについても語っている。


番組は、1月29日(土)8:30からFM愛媛で放送されるほか、放送後1週間はradikoで聴くことができる。(エリアフリーの場合は有料)また、期間限定でラジオクラウドではアフタートークを、有料コンテンツのオトバンクではノーカット版を楽しめる。



■『FM愛媛の“まじめ”なコトバプロジェクト コトバノまほう』
毎月最終土曜日8:30~9:00

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)