「制コレ'20」準GP 蓼沼優衣、UVERworldの新曲MV出演で反響続々

芸能総合 公開日:2022/01/24 9
この記事を
クリップ

UVERworldの新曲『えくぼ』のミュージックビデオに、『制コレ'20』準グランプリに選ばれ女優としても活動している注目株、蓼沼優衣が出演中で、動画の公開直後からSNSやネットで話題を集めている。 


今回の新曲では、「3つの時代」「1つの場所」「2人の物語」をテーマに、明治・令和・未来の 3つの世界が舞台。相手役である“蒼太”と蓼沼が演じる“愛菜”が輪廻転生し、異なる時代で恋愛を紡ぐ。二人は時代を越えるが、二人の出会う場所はいつも同じ。同じ場所だが役割が代わり、人間は生まれ変わるが場所は時代と共に生き続ける。という世界観のMVとなっている。 


SNSやYouTube内のコメントでは「歌詞と映像が相まってめちゃくちゃ良い」「3分で人を泣かせる天才」「出てる女優は誰だろう」と早速動画を観た視聴者の中で話題に。 


今回ミュージックビデオが初出演となる蓼沼は、メインキャストの愛菜役を演じており、 映像中に哀愁漂わせる表情を醸し出す彼女に要注目だ。 


<蓼沼優衣コメント> 

今回初めてMVに出演させていただきました。とても緊張したまま撮影現場に入ったのですが監督さん筆頭にスタッフの方々が盛り上げてくださりとても楽しい撮影でした。

UVERworldさん の楽曲は普段から聴いていたので今回携わることができ大変光栄に思っています。私はこの曲 は好きな人、大切な人がいる方は特に心に響くと思います。是非ご覧下さい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)