吉野北人が“彼氏だったら…”蜷川実花が撮り下ろす ふたりだけの時間「とても緊張しました」

芸能総合 公開日:2022/01/24 11
この記事を
クリップ

写真家・映画監督の蜷川実花が旬な人物を撮り下ろす、ファッション誌『Oggi』(株式会社小学館)の人気連載『悪い男』にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの若きボーカル・吉野北人が登場。女性の心を惑わす「悪い男」をテーマに撮影される同連載で、妄想シチュエーションたっぷりの演技を魅せてくれている。



女性誌が選ぶイケメンランキングで常に上位に名を連ねる美声と美顔の持ち主。昨年は、ドラマ『トーキョー製麺所』(MBS/TBS)で初主演を務めるなど、音楽活動のみならず演技にも挑戦。幅広い活躍を見せている。そんな吉野が、『Oggi』で演じる「悪い男」は、<離れたくない男>。<もしも吉野くんが付き合って間もない彼氏だったら・・・。>という設定で、流行のイタリアンカフェでパスタデートを熱演。



向かい合った席には吉野くんのキラキラの瞳に、優しい微笑み。写真にはこんな言葉が添えられる。<女の子の間で流行っているお店にもイヤな顔せず付き合ってくれて、待ち合わせにはいつも先に到着してくれていて、私がなかなか注文が決められなくても付き合ってくれて。それで、この笑顔。通りすぎる人もみんな彼を見ているような気がして、ちょっと誇らしい。のろけてしまってすみません♡>蜷川の写真には、そんな吉野の笑顔に包まれた、<離れたくない>ふたりだけの時間が流れる。蜷川と初セッションについては「すごく有名な方ですし特別な空気感でしたし、とても緊張しました」と話す吉野。「ぼくが緊張しすぎるせいで蜷川さんにも緊張させてしまったと思って・・・」と、そんな気遣いも見せてくれた。


そんな吉野の素顔に迫るインタビューも掲載。「今回のようなごはんの席で、キュンとしてしまう仕草は?」という質問には、「仕草は特にないけれど、ビシッと品良く食べているところを見たら『あらま・・・♡』って、ときめいてしまうかも。パスタを器用にきれいに食べているとかね」。先日、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの4枚目のアルバム『RAY OF LIGHT』が発売されたばかり。30代働く女性の『Oggi』読者に向けて、オススメの新曲も紹介してくれている。


■『Oggi』3月号

1月28日(金)発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)