King & Prince、着物姿で表紙飾る それぞれ多忙極めるも「集まった時の安心感はより強く」

芸能総合 公開日:2021/12/28 10
この記事を
クリップ

King & Princeが、12月27日に発売された『週刊朝日』(発行:朝日新聞出版)2022年1号目の表紙に登場した。




一人ひとりがチャンスをつかみ、大きな成長を遂げたこの1年。カラーグラビアでは、お正月らしく着物姿のメンバーが、それぞれ胸に抱く決意を四字熟語で表現するなど、5人の魅力を堪能できるページとなっている。


初の冠番組に、全28公演の有観客アリーナツアー、24時間テレビのMC──。2021年はグループにとっても、メンバーにとっても充実した年となったKing & Prince。各々が多忙を極めるなか、スペシャルインタビュー中も5人で語りあうひとときには笑顔が咲き、互いへのリスペクトとねぎらいが滲んでいた。平野紫耀はメンバーについて、「個々の活動ばっかりだったので、集まった時の安心感はより強く感じましたかね。ホーム感というか」。岸優太は「みんなで集まると、暗いときってなくて。どんなに疲れてても、楽屋でしゃべったりゲームで盛り上がったりするうちに忘れちゃいますね」。2年ぶりだった有観客ライブの思い出や、1月に発売されるライブDVDの推しポイント、4度目の出場となる紅白歌合戦など、気になる話題についてたっぷりと聞いている。



■『週刊朝日』2022年 1/7-14合併号
【発売日】2021年12月27日(月)
【定価】470円

※本記事は掲載時点の情報です。