『GINGER』で綾野剛×横浜流星が対談、照れながら互いの魅力語る

芸能総合 公開日:2021/12/22 38
この記事を
クリップ

12月22日発売の『GINGER』2022年2月号(幻冬舎)に、斎藤工中島健人長澤まさみ綾野剛横浜流星が登場。ドキドキとワクワクを届ける“おいしいエンタメ”について語っている。



巻頭では「おいしい時間」について特集。日常のなかで制限や自粛を経験したからこそ、以前よりも“ワクワク”することに、より貪欲になっている今。進化・多様化したエンターテインメント、心も体も満たしてくれる絶品グルメ、大好きな人とのおしゃべり、日々アップデートされる刺激的な情報など。それらをしっかりとキャッチし積極的に飛び込んでいくことをテーマに展開している。


エンタメパートではWOWOWのCMキャラクターを務める斎藤工×中島健人(Sexy Zone)が登場し、「感性を震わせるものを世界中の人々に届けたい」(斎藤)、「エンタメを愛した時間だけ人生の幅も広がると思う」(中島)と独自のエンタメ論について語る。


2022年1月13日からNetflixで独占配信のドラマ「新聞記者」が初共演となる綾野剛×横浜流星の対談では、ふたりの関係の始まりとお互いの魅力について照れながら語った。


そして待望の第3弾となる映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』のキーパーソン・ダー子を演じる長澤まさみに、彼女だからこそ知るエンターテインメントが持つ力についてインタビュー。作品を観て、泣いて笑って、自分という存在を振り返り、未来を思う時間は、今の私たちにとって必要なものであることをひしひし感じさせてくれるはず。


他にも現在放送中のドラマ『真犯人フラグ』で注目度が上がっている俳優・佐野勇斗とともに巡った、TOKYOグルメアドレス。贅沢なディナーから昭和レトロな横丁で焼き鳥&ビールを美味しそうに味わっている彼のショットは必見だ。


また話題のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の制作の裏側、そして今まで語られていない秘密を解明。さらに最新トレンドを知っているおしゃれ業界人から、素敵な暮らし、使えるファッションアイテムといった“おいしいネタ”“とっておきの情報”を徹底収集する。


表紙を飾る「SixTONES」のスペシャルインタビュー12Pも掲載。1月5日に発売されるアルバム『CITY』に込めたメンバー6人の想いが深く、たっぷり語られている。


■『GINGER』2022年2月号
発売日:12月22日(水)
価格:定価 ¥850(税込)
発行:株式会社幻冬舎

※本記事は掲載時点の情報です。