SixTONES「イキがって、強がって、カッコつけてく」ついに『ViVi』初表紙を飾る

芸能総合 公開日:2021/12/21 15
この記事を
クリップ

最高に“カッコつけて”撮影に挑んだ12Pの#スト本が完成。デビュー以降、音楽性の高い楽曲を次々と世に送り出し、一方でバラエティ番組やジャニーズJr.時代から続ける公式YouTubeでは20代男子らしい素の姿をさらけ出して、老若男女を問わずファンを増やし続けているSixTONES。そんな彼らがついに、ViVi2022年2月号特別版(株式会社講談社発行)でViVi初表紙を飾った。




今回の特集は「イキがって、強がって、カッコつけてく。We are SixTONES」をタイトルに掲げ、最初から最後まで、SixTONESの「カッコいい」をとことん追求した12Pが完成。男っぽさあふれる2パターンの衣装でキメた6人のビジュアルは必見だ。


ロングインタビューでは「気づけばみんな、TEAM SixTONES!!」と題して、見るものを惹きつけるこの6人の強みについて対談形式で自己分析。メンバー一人一人にこっそりアンケートを取った「SixTONESのイキり通報」コーナーでは、長い付き合いだからこそ知っている「あいつイキってた」情報をタレコミ。編集部の想像を遥か超えた6人のイキりエピソードは何度読んでも元気が出るはず。また、事前募集で読者から大量に寄せられた6人への質問にもしっかり答えている。個性が爆発した回答に注目だ。


メンバーの誰かがインタビューを受けているとふらっと参加して、横から茶化したり、いつの間にかなんてことない妄想恋愛トークに発展して盛り上がったり。この撮影の日の特別ゲストを全員で目を細めながら愛でたり。とにかくカッコいいのに可愛くって、スターなのにものすごく近い存在で。そんな6人がつくる刺激的で心地良いチームに、自分も加わりたいと、強く思わせてくれるのがSixTONES。彼らの全てを詰め込んだこの特集を読めば、その思いはもっと深まるに違いありません。インタビューを全部終えた後に撮影した最終ページのカットは、あまりのエモさに撮影中うるっときてしまったスタッフが続出したほど。


また、同ViVi2月号では、ドラマ『恋の病と野郎組 Season2』の放送開始を記念して、ジャニーズJr.から高橋優斗、猪狩蒼弥、作間龍斗(以上HiHi Jets)、岩﨑大昇(美 少年)、中村嶺亜(7 MEN 侍)、川﨑皇輝、織山尚大(少年忍者)、正門良規(Aぇ! group)も登場。プレッピーな衣装に身を包んだ8人の、今しか見ることのできない、わちゃわちゃ仲良しカットが満載。(※高橋優斗の「高」は正しくははしご高)



■ViVi2022年2月号特別版

12月22日発売

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ