安倍乙、ミルクボーイの名作漫才「コーンフレーク」4分ネタを完コピ

芸能総合 公開日:2021/12/19 10
この記事を
クリップ

グラビアや、舞台、バラエティなど様々な場所で活動をする俳優の安倍乙が、ミルクボーイの名作漫才「コーンフレーク」に挑戦した。


今回安倍乙が挑戦したのは、ミルクボーイが、2019年にM1グランプリの決勝で披露した「コーンフレーク」の漫才。大会史上最高得点となる、681点を叩き出した爆笑ネタで、今回衣装から髪型に至るまで完全にコピーしネタに挑んだ。


そもそも、なぜミルクボーイに挑戦することになったかといえば、バラエティ番組で、安倍乙が「ミルクボーイの内海崇さんに似てる」と言われたのがきっかけで、安倍の両親からも似てるよねとお墨付きがあったということで、そこまで皆が言うのならば、完璧に似せてやってみようとyoutubeで挑戦することに。


相方の駒場役には、劇団4ドル50セント岡田帆乃佳を迎えて、4分のネタの完全コピーした漫才を披露した。


漫才を終えて、安倍は、「最初、軽い気持ちで話していたのが、衣装からスタジオまで完璧に用意してもらいこんな大事になるなんて(笑)やるからには忠実に完璧に再現したいと思って、代々木公園とかで練習を重ねて頑張りました」とコメント。


相方の駒場を務めた岡田も「駒場さんの目に似せるところが難しかったです。 リアルタイムで見ていたあのネタができたことと、まさか自分がヨシモト∞ホールの舞台に立てる日がくると思っていなかったので、感謝の気持ちでいっぱいです。」とコメントした。


早くも見終えたファンからは、「本格的だった」「相当練習したね」など絶賛のコメントが多く寄せられている。


今後、安倍乙は、どんなチャレンジをするのか、今後も安倍乙に注目だ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)