『アウト×デラックス』で話題沸騰、吉野七宝実の“セクシー魚カレンダー”ついに発売

芸能総合 公開日:2021/12/12 24
この記事を
クリップ

干物グラドルとして話題沸騰中の吉野七宝実が『IPPON釣りCalender2022』(トランスワールドジャパン)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップアミューズメント館で開催した。


吉野が自身で釣った魚を水着にするという、かつてない水着のカレンダーを製作。今作は「これ大丈夫?」と思える際どい水着(魚)のオンパレードだ。


できあがったカレンダーの感想を聞かれた吉野は「テレビの企画(アウト×デラックス)で私がカレンダーを作りたいって言い出したんですよ。いろいろなリスクもありましたけど、すごく大変でしたね。今までにないカレンダーになりました。楽しんでもらえると思います」とコメントした。


その中でもお気に入りの写真を選んでもらうとひとつに絞り切れないとのこと。「アブラボウズという巨大魚なんです。なかなか釣れなかったんですけど、、企画で釣りをやったら一発で釣れたんですよ。釣れたときはは感動しました」と話し、もうひとつのお気に入りは「12月に使用したべニアコウです。幻の魚って言われているんですよ。私も何回も何回も釣りに行ったんですけど釣れなかったんです。このときはサメを釣りに行ったんですけど、まさかこのコが釣れました。本当に私にとって奇跡のような出来事でした。ずっと狙っていたこのコを最後の締めくくりの月にもってこられたのは本当にうれしかったです」と感無量のようす。


周りの反響について聞かれると「ものすごいありますね。船長さんとかから「見たよ」とか言われました。船宿からカレンダーを置かしてほしいとかも言ってもらいました」と明かした。これから釣ってみたい魚を聞かれた吉野は「釣りたい魚はいっぱいあるんですよ。クエとかすごい大きいタルイカとか釣りたいです。クロマグロも釣りたいですけど、今の時期は釣り禁止になっているので、タイミングを狙って釣ってみたいと思います」と目を輝かせた。


2021年を振り返ってもらうと「この企画が自分の中で大きかったですね。カレンダーって普通は一泊二日とか二泊三日とかで撮ると思うんですけど、これは本当に1年をかけて作ったカレンダーなので、集大成として、きっちりした物が出来たというのがうれしいですね」としみじみ。


来年の目標については「発売日が15日でまだ発売されていないんですが、ものすごい反響で、来年はどうするんですか?という声も出ているので、チャレンジしてみようと考えています。来年はテレビの企画がはいるかわかりませんけど、逆にテレビが入らなければ、何回でもチャレンジできそうですよね。そういう意味では狙える魚の種類が増えるかもしれないです」とやる気満々だ。


今回ひと足早くサンタコスチュームで登場した吉野にクリスマスの過ごし方を尋ねると「自分たちで釣った魚をみんなに振る舞うイベントをやります。もういい魚はストックしてますが、前日くらいにまた釣りに行こうかと思っています。サプライズな魚が出るかもしれませんよ」とアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)