比嘉愛未「全部出し切った 何も悔いはない」と言い切る渾身の写真集完成

芸能総合 公開日:2021/12/01 48
この記事を
クリップ

女優・比嘉愛未のイメージをいい意味で裏切るような一冊に――。写真集『本心』(集英社)が2022年2月24日に発売されることが明らかになった。


「大地」「海」「光」「肌」という4つのテーマを軸に、彼女とプライベートでも親交の深いアーティスト・清川あさみがシチュエーション設定や絵コンテ作成、ロケーションコーディネートに至るまで作品全体のクリエイティブディレクション・プロデュースを担当。ワイルドで、情熱的で、セクシー。ファンが未だ知らないであろう比嘉さんのさまざまな一面を切り取り、表現した。


フォトグラファーには、これまで数多の名作写真集を生み出してきた写真家・藤代冥砂氏を起用。比嘉愛未が内包するエネルギーを余すところなく詰め込んだ一冊は、比嘉本人をして「全部出し切った。何も悔いはない。珍しい、そんなふうに思えるのは」と語る、彼女の“ターニングポイント”的写真集となった。


<比嘉愛未コメント>

今に不満があるわけではないけれど、そこからさらに一段ステージを上げていきたい。何かを変えていきたい――そんな思いを抱いていたタイミングで、旧知のあさみさんから『写真集、一緒に作らない?』とお声がけいただいて実現しました。

今年、自分にとっても大きなチャレンジだった主演ドラマやさまざまな経験を経て、これまでになかった違う自分、新しい自分に出会えたような感覚がありました。

だからこそ、その『今』を切り取ってもらいたかった。そうして切り取られた表情だったり感情だったりパッションは、この先いくつになったときに見返しても『ああ、このときすごく生き生きしてたな』と思えるものだと確信しています。

女優として、女性として、人間として、大きく『脱皮』するきっかけとなるような、そんな作品を皆さんにお届けできるはずです。



<基本情報>

●タイトル/比嘉愛未写真集『本心』

●発売日/ 2022年2月24日 (木)

●予価・仕組み/2750円(税込) B5判・ソフトカバー・112ページ  

●プロデュース・クリエイティブディレクション/清川あさみ 

●撮影/藤代冥砂 

●集英社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ