柳ゆり菜、5年ぶりラスト写真集秘話語る「天気の神様が微笑んでくれた」

芸能総合 公開日:2021/11/27 10
この記事を
クリップ

女優として活動の幅を広げている柳ゆり菜が、5年ぶりとなり、自身最後と公言する写真集『女っぷり』(扶桑社)が好調だ。


フランス映画のワンシーンのような官能美から小悪魔的な美しさ、飾らない素顔のプライベートショットなど様々なシチュエーションで柳ゆり菜の魅力を表現した写真が収録されている本作。写真だけでなく本人の特技であるデジタル・アート(デジタルコンピューターを使った芸術作品)も披露されており、“秘密の自画像”も掲載されている。柳ゆり菜自身が、コンセプト、構成、タイトルに至るまでかかわり、まさに彼女の「今」が反映された写真集となっている。


この度、新型コロナ対策講じながら、タワーレコード 渋谷店にて、サイン本のお渡し会が開催された。約5年ぶりとなった自身の写真集のイベント前に、インタビューに応じた。


―写真集のイベントとしては約5年ぶりですが、今はどういう気分ですか?

久しぶりで緊張しています。でも睡眠もたくさんとれて、しっかり準備出来ました。

11月25日に、オンラインイベントを行ってファンの方と交流出来たのですが、汗ダラダラでした(笑)。

今日は落ち着いて、しっかりファンの方とお話し出来ました。実際にお会いして、お話できて嬉しかったです。


―前回の写真集(5年前)と、本作でどういった変化がありましたか?

この5年間で様々なことを経験したので、その成長っぷりが反映出来たと思います。

“今の私は、こういう感じです”という決意表明のようなものが、写真集『女っぷり』なので皆さんに見ていただきたいです。

私の内面の変化を、感じることのできる作品になっています。


―写真集『女っぷり』は、企画の段階から立ち会っているそうですが、スタッフ、カメラマンさんとは、どんなやり取りをされましたか?

撮影自体が短期間だったので、チームみんなで気持ちを一つにして駆け抜ける。ということが一番大事でした。現場でも打ち合わせをしながら進めていきました。そうすることで、全員で息を合わせて進めることができました。

なので最初のカットの撮影から、チーム感があって現場の雰囲気は、とても良かったです。


―写真集の撮影に向けて、大変なことはありましたか? 

きれいなボディラインを作るために、撮影までの2か月間ピラティスに通って、スパルタレッスンを受けました。筋肉痛がすごかったですよ(笑)。で

も思い返して一番大変だったのは、打ち合わせを重ねる中で「私はこう思います」ということや、「ここだけは譲れない」という所をどうやって伝えるのかという所でした。でも最終的には「やるだけやってみて、後で考えよう!」という気持ちで撮影に臨みました。

大変なこともあったのですが、ロングインタビュー、自撮り、愛猫との写真といった、プライベートな私そのものをここまで入れることが出来ました。私の魂がこもった作品に仕上がりました。


―撮影時にて、印象的なエピソードはございますか?

天気がずっと雨だったのですが、撮影の瞬間だけ狙ったように晴れたことです。

最終日最後の時だけ雨が降ったのですが、ストロボで撮影することで、雨と衣装のドレスがすごく映える素敵なカットに仕上がったので、天気の神様が微笑んでくれたんだと思います。


―写真集の中で大胆なデジタル・アートを披露していますが、周辺からの反響はいかがですか?

イベントの特典として、自分のイラストが特典物(クリアファイル)にもすることができたので、「欲しい」と言ってくれている方の声にこたえられて嬉しいです。

趣味でやっていたことが、グッズとして皆さんに届けられたことを、大切に感じています。

 

―「私も書いて!」といった、要望があったりしますか? またその希望に応えるタイミングはありそうですか?

周囲の友人にも「私の絵も描いて!」と言われることもあります。以前友人の誕生日プレゼントに、似顔絵をプレゼントしたのですが、描くのが本当に大変で(笑)、それからはやっていないんです。

でも絵を頑張りたいという気持ちはあるので、空き時間の時に描いていきたいです。

 

―写真集のパネル展も開催されていますが、会場の様子はご覧になられましたか?

はい!見てきました。今回はパネルと一緒にQRコードも展示していて、これを読み取ってもらうと、インタビューでも話していない撮影の裏話が聴けるようになっています。

一つ一つの写真に対して、一日かけて言葉を考えました。写真集を読んだ後の人でも、楽しめるようになってますので、ぜひお越しください。

 

―写真集の中から、「女優・柳ゆり菜」と「素の柳ゆり菜」が出ているカットをそれぞれ教えてください。(お気に入りカットでも可能)

 一番素が出ているのは緑のカーディガンを羽織ったカットで、眼鏡をかけながら髪を結って上げている写真ですね。

これは私の家でのスタイルと一緒なので、いつもの自分の気持ちでリラックスして撮りました。

女優としての私が出ているのは、フランス映画のオマージュで撮影したカットですね。「若き未亡人」を演じながら撮影しました。希望していたカットなので、すごくお気に入りです。

 

―最後にファンの皆様に向けて、メッセージをお願いします。

いつも応援してくださって、本当にありがとうございます。写真集『女っぷり』で、またこうしてイベントができるなど、皆さんと交流ができることが嬉しいです。

この写真集を見て私をより近くに感じていただき、応援していただくきっかけになれば幸いです。これからもよろしくお願いします。


写真:山本佳代子

写真集アザ―カット:戎 康友


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)

関連タグ