西島秀俊&中村倫也W主演『仮面ライダーBLACK SUN』“親友”の二人がやがて対立

芸能総合 公開日:2021/11/22 13
この記事を
クリップ

俳優の西島秀俊と中村倫也が、白石和彌監督が描く配信作品『仮面ライダーBLACK SUN』(2022年配信予定)でW主演を務める。西島と中村は仮面ライダー作品初出演、初主演となる。



西島秀俊、中村倫也が演じるのは?

西島は主人公である仮面ライダーBLACK SUN(以下「ブラックサン」)を、中村はオリジナル作品『仮面ライダーBLACK』でも主人公のライバルとして人気を集めた仮面ライダーSHADOWMOON(以下「シャドームーン」)を演じる。


西島演じるブラックサン(南光太郎)は、日蝕の日に生まれ、怪人たちの頂点である「創世王」の候補となるべく改造された。怪人と人間との狭間で揺れ動く、優しさを胸に抱いた哀しき宿命の戦士。変身することで仮面ライダーBLACK SUNとなる。



一方、中村演じるシャドームーン(秋月信彦)は、光太郎と同じ日、同じ時に生まれたもう一人の「創世王」候補。親友として光太郎と共に育った、高潔な心の持ち主。だが、やがてその思想によって光太郎と対立する。変身することで仮面ライダーSHADOWMOONとなる。


白石監督が描く本作に、優れた演技力でシリアスかつハードな役柄を数多く演じてきた西島秀俊(白石和彌監督作品初出演)と、ミステリアスな雰囲気と独特な存在感で幅広い層に支持される中村倫也が加わることで、多彩な実力が最大限に発揮される作品になることが期待される。


西島秀俊&中村倫也からコメント

二人からのコメント映像が公式Twitter(「仮面ライダーBLACK SUN」official)で公開されている。


西島からは、本作について「白石監督なのできっと深い深い社会派の人間ドラマになると思います。大人の皆さんが楽しめる、さらに子どもたちが心の中に仮面ライダーを持って生きられる、そんな作品にします!全力で、命がけでチャレンジしたいと思っています」と力強いコメント。


中村は、「白石監督らしく、しっかり人と人の物語や歴史、カタルシス、さらに仮面ライダーの持つかっこよさや、ブラックの持つ痛みなど、たくさん味わえる作品になる予感がしています」と本作への期待を語っている。


▼公式Twitter(「仮面ライダーBLACK SUN」official)

URL:https://twitter.com/KR_BLACKSUN


ティザービジュアル&監督らのインタビュー映像公開

『仮面ライダーBLACK SUN』のティザービジュアルも発表されている。


ティザービジュアルにおけるブラックサンのデザインは、オリジナル作品『仮面ライダーBLACK』から一新され、仮面ライダーでありながらも怪人らしさを感じる、ダークヒーローとしてのスタイリッシュな佇まいが印象的だ。


また、白石監督、コンセプトビジュアル担当の樋口氏、特撮監督の田口氏のインタビュー映像が公式サイトにて公開。それぞれが本作のキャラクターデザインについてどのように考え、オリジナル作品である『仮面ライダーBLACK』放映当時の思い出など、インタビュー形式で語っている。


オリジナル作品『仮面ライダーBLACK』

創世王が率いる暗黑結社「ゴルゴム」。その次期創世王候補=世紀王として選ばれたのは、南光太郎とその親友・秋月信彦であった。世紀王「ブラックサン」へと改造された光太郎は、脳改造を受ける寸前に脱出を果たし、ゴルゴムと戦うことを決意。襲い掛かる数々の怪人。そして、ゴルゴムの戦士「シャドームーン」として立ちはだかる信彦。光太郎は正義の使者「仮面ライダーBLACK」を名乗り、ゴルゴムの陰謀を打ち砕く!


放送期間:1987年10月4日~1988年10月9日
エピソード数:51話
原作:石ノ森章太郎
脚本:上原正三 杉村升 ほか
監督:小林義明 ほか
制作:毎日放送 / 東映


『仮面ライダーBLACK SUN』作品情報

作品名:『仮面ライダーBLACK SUN』
監督:白石和彌
脚本:高橋泉
コンセプトビジュアル:樋口真嗣
特撮監督:田口清隆
展開時期:2022年

詳細:https://www.kamen-rider-official.com/blacksun


©石森プロ・ADK EM・東映

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)