内木志 故郷 滋賀に凱旋、イルミネーション点灯式&アンバサダー就任式に出席

芸能総合 公開日:2021/11/21 7
この記事を
クリップ

元NMB48で、 俳優として活動中の内木志が11月20日、 びわ湖大津プリンスホテルで開催された「大津 光の架け橋」イルミネーション点灯式・アンバサダー就任式に出席した。 


艶やかな着物に洋風のアレンジが施された姿で登場した(衣裳協力/スタジオ醍醐)。 「カウントダウン10~1、 点灯!」の掛け声に合わせて、 周りは幻想的な夢の世界に彩られた。「日中は光り煌めくびわ湖を見て、 夜は光り輝くイルミネーションをぜひ見てください。 アンバサダーとして、 ここ滋賀県の魅力をたくさんの人たちに伝えていきたいと思います!」(内木)


イルミネーションは湖畔を照らす光の協演「大津 光の架け橋」と銘打たれ、 湖畔沿い遊歩道のイルミネーション、 ホテルプールサイドのライトアップ、 プロジェクションマッピングや光と音の演出による噴水ショーなどが2022年2月15日(火)まで楽しめる。

このイルミネーションは大津市の観光誘致イベント「SLOW OTSU」の企画のひとつで、 「SLOW OTSU」は“湖畔でまじめに、 ぐうたらしよう。 ”をテーマに2022年1月31日(月)まで開催中。 内木志は期間中、 びわ湖大津プリンスホテル・びわプリイルミネーション2021「大津 光の架け橋」アンバサダーを森菜実子(Mu-Muデザイナー)と共に就任。 また、 内木は大津市の「SLOW OTSU」アンバサダーも務める。


内木志の来年度カレンダーは、 滋賀県の人気観光スポットでオール撮り下ろし。 「こころのふるさと~CoCo滋賀!」のタイトルで、 クリスマスの12月25日(土)に発売される。


内木は「びわ湖テラス、 ラ コリーナ近江八幡などの最新スポットから何度も訪れたことのある彦根城 玄宮楽々園、 八幡堀周辺、 近江神宮などで撮影しました。 滋賀県の魅力と、 地元でリラックスしている素顔の私がぎゅっと詰め込まれています。 改めて、 たくさんの人たちに滋賀県の素晴らしさと滋賀県出身の内木志を知っていただけたらうれしいです。 もうひとつ、 私のニックネーム(ここ)と同じ名前の東京・日本橋にある滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」さんとも来年、 楽しいコラボ企画を実施予定です。 あっ、 カレンダーのタイトルも『CoCo滋賀!』ですね!!」 と笑顔でアピールした。



内木志カレンダー2022「こころのふるさと~CoCo滋賀!」

(撮影/村上厚志)

ABコンサルティング株式会社(A1ムック)より、 12月25日(土)発売

二つ折り壁掛け仕様(A4サイズ、 見開きA3。 32ページ建て。 聖地巡礼・ロケ地ガイド付き)。

定価:2,500円(本体2,273円+税)

12月中旬過ぎから、 A1ショップで先行予約受付スタート!

カレンダー発売イベントも来年、 大阪・東京にて開催予定。 詳細は改めて発表。 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

この記事に関連するコメント

スタジオ醍醐 @studiodaigo 11月21日

内木志 故郷 滋賀に凱旋、イルミネーション点灯式&アンバサダー就任式に出席 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/3XgXTYHruJ

関連タグ