ドリフ×ももクロ 武道館ライブ、芸能史に残る伝説の1ページ

芸能総合 公開日:2021/11/19 16
この記事を
クリップ

ザ・ドリフターズ(加藤茶仲本工事高木ブー)と、ももいろクローバーZ百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れに)という、年の差コラボで人気のニコニコチャンネル「もリフのじかん」が11月18日、ついにスタジオを飛び出し日本武道館でのライブ公演『ドリフ&ももクロ ライブフェス~コントもあるョ!全員集合~produce by もリフのじかん』を行った。


ザ・ドリフターズとしては55年ぶりとなる武道館ライブ、飯塚悟志東京03)の書き下ろしコントに挑むドリフメンバーとももクロメンバー、お笑いコンビ・かが屋も加わるなど、2時間のステージは笑いだけでなく感動に包まれる内容となった。


今や伝説となっている1966年のザ・ビートルズ来日コンサートを彷彿とさせるステージに現れたのは、55年前にザ・ビートルズの前座を務めたザ・ドリフターズのメンバー(加藤茶・仲本工事・高木ブー)。


「ドリフのズンドコ節」を披露した加藤茶は、「55年前はもう2人いたんですよ。上にいっちゃった。俺たちだけじゃ寂しいから」と、ももいろクローバーZ(百田夏菜子・玉井詩織・佐々木彩夏・高城れに)と「もリフのじかん」MCを担当する飯塚悟志(東京03)を呼び込む。


番組お馴染みのメンバーが出揃うと、軽快に「こぶ茶ルンバ」を披露。

今回のステージには飯塚の妻であり歌手でもある藤田真由美がバックコーラスとして参加していることがひとしきりイジラレると、飯塚の照れくさそうなリアクションに笑いが広がった。


ここからは世代交代とばかりに、ももクロのオンステージ。

『月色Chainon』、『Chai Maxx -ZZ ver.-』、『笑―笑 ~シャオイーシャオ!』と3曲をドリフインスパイアの振付を交え、ノンストップ披露すると、視聴者からも「昭和なセットで歌い踊るももクロちゃんかっこいい」「いっちょめいっちょめわーおの振り付け」「あー!チャイマの振りはドリフインスパイアだったね!」とのコメントが。


そしてステージはいよいよ飯塚書き下ろしのコントパート。

まずはアーチェリー金メダリストに扮した飯塚のもとに、「我こそが恩師である」というドリフメンバーが3人現れてしまうという痛快コント。

ここでは加藤茶が台本を忘れてしまうというアクシデントがありながらも、これを自ら笑いに変えていくという圧巻のスキルで会場の爆笑をさらった。


続くコントにはももクロメンバーも参加、発表会に向けたお琴練習で失敗したらお仕置き罰ゲームという身体を張った企画。

一斗缶で殴り殴られるという往年のドリフの笑いで会場全体を暖かく包むと、続いては雷様コント。

リーダー不在となってしまった雷様(仲本工事、高木ブー)の脇を通り過ぎる新参雷様の高城れにが、新しい雷様リーダーに挑戦するという内容だが、ここでは「私、このグループでリーダーおろされてるんです」と自虐で笑いを誘った。


生ドリフコントならではのステージ転換中は、高城と同い年のお笑いコンビ・かが屋(加賀翔賀屋壮也)が会場を巻き込むコントで温め、続く刑事コントへ。


ここでは、ど頭のセリフを百田が噛んでしまい、やり直しという笑いが発生するものの…、やり直し後は今まで一度も成功したことがなかったというほど難易度の高いテンポのコントを見事成功させ、飯塚から「これ、言いたくなかったけどホント尊敬した!」とのコメントを引き出した。


そしてここからは55年ぶりとなるザ・ドリフターズのライブ!

『のっぽのサリー』(リトル・リチャード)、『トラブル』(エルビス・プレスリー)を仲本工事がブランクを感じさせない圧倒的な歌唱力と深みのある声で披露すると、「おじいちゃんたちスゲー!」「仲本工事さん声良すぎ!」「ちょっと感動で震えてる」と感嘆コメントが続々。


しかし、演奏だけに終わらないのが、伝説のコミックバンド、ザ・ドリフターズ。

『トラブル』のセリフパートでは、加藤茶が「長さんも、志村も上に行った。次はブーさんかな?」と不謹慎な日本語歌詞を創作し総ツッコミを受けるという大きな笑いが生まれた。


続けてドリフコントではお馴染みの白い聖歌隊衣装での早口言葉に全員がチャレンジすると、ドリフメンバーの演奏でももクロメンバーが『走れ! -ZZ ver.-』を熱唱。


ここからはステージもいよいよ終盤。

『もリフMIXメドレー』として紡がれる楽曲は、『誰かさんと誰かさん』、『ほんとにほんとにご苦労さん』といったドリフ曲に、『行くぜっ!怪盗少女』、『コノウタ』というももクロ曲、さらにはTHE ALFEEの『My Truth』を飯塚が熱唱し「気持ちいいっ!」と語るなど見どころ一杯のパフォーマンスとなった。


そして、訪れたエンディングを飾るのはもちろんこの曲、『いい湯だな』。

歌詞の通りに「さよならするのはつらいけど」となった、『ドリフ&ももクロ ライブフェス~コントもあるョ!全員集合~produce by もリフのじかん』。


この新たな伝説の1ページとなったイベント、タイムシフトで視聴してみることを強くお勧めしたい。


©ニコニコ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)