関ジャニ∞ 最新アルバム『8BEAT』を深堀り、丸山隆平は“神”亀田誠治と対談

芸能総合 公開日:2021/11/17 5
この記事を
クリップ

関ジャニ∞が11月17日(水)発売の『MG』第8号(東京ニュース通信社)の表紙に登場した。



表紙・巻頭特集には関ジャニ∞が登場。新体制となって初のオリジナルアルバム『8BEAT』をリリースする、彼らの“今”を切り撮るべく、ストレートなモノクロ撮影を敢行。彼らの強い眼差しの奥にある“熱”が、モノクロの世界によって浮かび上がるプレミアムなフォトセッションは必見。ロングインタビューでは、豪華制作陣の参加が話題となった最新アルバムへの思いや、『関ジャムFES』などのさまざまな活動から見えてきた“関ジャニ∞らしさ”に迫る。また、11月20日(土)より開催される全国ツアーへの思いや現在の心境を、メンバーそれぞれの立場から語ってくれた。さらに、アルバム収録曲全26曲のメンバーセルフライナーノーツなど、アルバムをさらに楽しめる充実の内容になっている。


そのほか、最新アルバム『8BEAT』をさらに多角的に深掘るべく、今回、関ジャニ∞に楽曲提供を行った亀田誠治丸山隆平との特別対談が実現。丸山が“神”と崇め、同じベーシストとしてプライベートでも親交のある亀田との“音楽愛”溢れる対談や、私物のベースと共に撮影したフォトセッションは必見だ。亀田のほか、多彩な楽曲を提供した豪華制作陣にもインタビューを敢行。アーティスト/クリエイターとして第一線で活躍する川谷絵音、岡崎体育、ヒャダイン、いしわたり淳治、今井了介が語る、アルバム制作秘話は読みごたえたっぷり。また、楽曲提供陣が選んだ『関ジャニ∞FAVORITE SONG』企画や『8BEAT』ディスクレビュー、さらに、『関ジャムFES』ライブリポートでは、関ジャニ∞とも親交の深い、東京スカパラダイスオーケストラ全員から関ジャニ∞へのSPメッセージも掲載。今の関ジャニ∞を余すところなく詰め込んだプレミアムボリュームでお届けする。


巻末SPグラビアには、今年11月にCDデビューを果たした、なにわ男子の大西流星、長尾謙杜、藤原丈一郎がMG初登場。鮮やかなライティングで魅了するスタイリッシュなフォトセッションを実施。インタビューでは、デビューという目標を果たした彼らの音楽への思いや将来像を語り合ってもらった。ジャニーズWEST・神山智洋の連載は、サックスがテーマ。サックスプレイヤー・宮崎隆睦を講師に迎え、神山が所有するサックスを手に、公開レッスンやアドリブでのセッションにも挑戦している。インタビューでは、サックスを始めたきっかけや管楽器への思いも語ってくれた。


BIGサイズの判型を生かした大迫力のライブリポートでは、26年という長きにわたり国民的グループとして走り続けてきたV6の全国ツアー『LIVE TOUR V6 groove』最終公演の模様を掲載。MG特集では、嵐という唯一無二のエンターテイナーの、初のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』をクローズアップ。堤幸彦監督やライブフィルム制作スタッフへのインタビューを通して、あの日の舞台裏をひも解いていく。



■紙版『MG(NO.8)』

2021年11月17日(水)発売


■電子版『MG(NO.8)』

2021年11月中下旬より配信開始予定

※本記事は掲載時点の情報です。