Sexy Zoneデビュー10周年 ファンへの思い語る、中島健人「僕のやる気の源はみんな」

芸能総合 公開日:2021/11/15 13
この記事を
クリップ

今週の『週刊朝日』(株式会社朝日新聞出版)の表紙には、Sexy Zoneが登場している。




『週刊朝日』最新号が発売される11月16日は、なんとSexy Zoneのデビュー10周年当日。デビュー当時、平均年齢14.4歳。まだあどけなさの残る顔をしたメンバーたちは、今やさらりとスーツを着こなす大人の男に進化した。カラーグラビア6ページで、その魅力に迫る。カメラ好きで知られる中島健人による取材中のメンバーのオフショットも掲載されている。


Sexy Zoneのスペシャルインタビューでは、メンバー4人がデビュー10周年にあたっての思いを語った。松島聡は、「いろんなドラマがあった10年だったんですけども、とにかく楽しかった記憶のほうが多くて」と、しみじみ。中島健人は「僕のやる気の源はみんなだし、今後はみなさんが生きるうえで、僕たちが大きな力の源になれるようにしっかり頑張っていきたいです」と、ファンへの思いを語った。菊池風磨は、「もっと大人なイメージだったし、もっと売れると思ってたし、まだまだだなって」と、ハングリーな思いを吐露。佐藤勝利は、10周年の曲『Change the world』にあるフレーズ「笑って泣いた」を作詞した際の思いを明かし、「言葉通り、笑って泣いたのは、ライブツアーですね。久々の有観客だったので」と、今年のツアーを振り返った。4人それぞれに、「もし自分がSexy Zoneのメンバーをプロデュースするとしたら?」を聞いたQ&Aコーナーも必見。



■週刊朝日 2021年 11/26号

2021年11月16日(火)発売

※本記事は掲載時点の情報です。