「制コレ’20」準GP 蓼沼優衣、“国民的おさななじみ”の初カレンダーは笑顔いっぱい

芸能総合 公開日:2021/10/30 19
この記事を
クリップ

「制服コレクション2020」準グランプリを獲得し、国民的おさななじみとして親しまれている蓼沼優衣が『2022年カレンダー』(わくわく製作所)をリリース。発売記念イベントを東京・書泉ブックタワーで開催された。 


カレンダーを発売するのが初めての蓼沼は「すごいきれいに撮っていただいて、お気に入りのカレンダーになりました。初めてでこんなにきれいに出来上がって本当によかったです」と喜び、カレンダーのテーマについては「素で楽しんで撮影をしたんですよ。私の素の笑顔とかが、たくさんあります」と説明。その中でもお気に入りのカットを選んでもらうと5・6月に使用された青のカワイイ水着のカットを選び、「ベッドで撮影をしているように見えるんですけど、じつはこれソファーで撮影したんですよ。説明しないとわからないところがいいと思います。わたし6月20日が誕生日なので、一番好きなカットを誕生日月にしてみました」と紹介。さらにおすすめのカットとして3・4月のセーラー服姿も選び、「私の高校がブレザーだったので、すごくセーラー服を着たかったんです。もう高校を卒業したにも関わらず、着させてもらえてので、楽しく撮影ができました。心は女子高生なので、制服はまだまだ着続けていきたいですね」と振り返った。カレンダーといえば飾る場所も気になるところだが、「きっとみなさんが家で一番いるところがリビングだと思うので、リビングに飾ってもらえたらうれしいです」とコメントした。


グラビアアイドルとしての今後について問われると「来年で二十歳になるので、これまで素で楽しんで笑顔みたない感じで撮影をしていたんですけど、来年からは大人っぽい表情とかも撮影でやっていけたらと思っています」と話した。 カレンダーの発売ということで、ちょっと早いが今年を振り返ってもらうと「今年で制コレ2020の期間が終了しまして、来年からは新たにいろんなことに挑戦できたらなと思います。もっとたくさん雑誌に掲載させてもらったり、今まで表紙にも何度か掲載させてもらっているんですけど、ソロ表紙をまだやったことがないので、来年はソロ表紙を飾りたいです。将来的には女優さんにもなりたいので、グラビアと女優さんを両立して仕事をしていきたいです」と目を輝かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ