「パーソナルな話は、大切な人にしかできない」片寄涼太の初著書、PVを初公開

芸能総合 公開日:2021/10/27 3
この記事を
クリップ

GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル片寄涼太と、彼をデビュー前からよく知り、GENERATIONSはもちろん、様々なアーティストの作詞を手がける作詞家・小竹正人。二人の出会いや懐かしい出来事、それぞれの家族の話や恋愛観・結婚観まで、戦友のような二人が互いに宛てた書簡集『ラウンドトリップ 往復書簡』が10月29日、新潮社から発売される。このたび、PVが初公開された。



コロナ禍で始まった、会えないからこその手紙のやりとり。「執筆は初めて」という片寄が、尊敬し、心から信頼する小竹に導かれ、時に悩みながら、日常で感じる素朴な喜びや率直な不安などを赤裸々に綴っている。十年来の付き合いのある「戦友」が相手だから引き出せた、「素の片寄涼太」がたっぷり詰まった特別な一冊。「こんな涼太、見たことない!」と小竹に言わしめた、撮り下ろしグラビア16ページも収録されている。


■二人の「往復書簡」が始まった理由 

「片寄涼太には“情緒”がある」 

片寄のデビューのきっかけとなった「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2」。当時まだ高校生だった片寄は、そのオーディションの打ち上げで小竹と出会った。そこから10年あまり、今では年齢差を超えて「戦友」のような関係となっている。片寄の初めての写真集『グッバイ、ホワイト』では、小竹に言葉を寄せてもらうほど、深く信頼し合う二人。今回小竹が『往復書簡』の相手に片寄を指名した理由としては、そんな信頼もさることながら、何よりも、「片寄涼太には“情緒”がある」と感じたということ。対する片寄は、小竹に対して「僕を“丸裸”にしてくれる人」と綴っている。このようにして今回の『往復書簡』は実現した。


■『ラウンドトリップ 往復書簡』PVについて 

PVでは、片寄が「パーソナルな話は、大切な人にしかできない」と往復書簡の感想を語る。さらに、中世ヨーロッパの時代から使用されていた手紙の封筒や文書に封をする「封蝋(ふうろう)」に初めてチャレンジする姿も。後半では書籍収録の撮りおろしグラビアカットも紹介。大切に綴られた本書より抜粋した、二人の印象的な「言葉」にも注目だ。


■PVで先出し! 本書より片寄、小竹の印象的な「言葉」を抜粋
・片寄涼太
「これからのメッセージのやり取りから、どれだけ正直で丸裸な自分を皆さまに覗かれてしまうのか、楽しみで仕方がありません。」

・小竹正人
「以前にも増して君が大好きになりました。なんのてらいもなく誰かに「大好き」だと言えるなんて、歳をとるのも悪くないな、そう思ったよ。ありがとう、涼太。」


『ラウンドトリップ 往復書簡』PV 




『ラウンドトリップ 往復書簡』書影(クレジット:片寄涼太・小竹正人『ラウンドトリップ 往復書簡』新潮社刊)
『ラウンドトリップ 往復書簡』PVキャプチャ(クレジット:『ラウンドトリップ 往復書簡』PVより)



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)