SixTONES松村北斗『CLASSY.』創刊38年目にして初の男性表紙に

芸能総合 公開日:2021/10/22 7
この記事を
クリップ

SixTONES松村北斗が『CLASSY.』12月号で創刊38年目にして初の男性表紙に。


10月28日発売の『CLASSY.』12月号では創刊以来初の男性カバーとしてSixTONESの松村北斗が登場。 表紙モデル決定が発表されるとTwitterでトレンド入りするなど、 すでに大反響。


中ページでは表紙記念ということで、 発売されるたびに話題の「後輩の松村くん」とクリスマスデートをする「彼氏の北斗くん」の2つの顔を12Pで大特集。


 松村北斗コメント(インタビュー抜粋)

創刊初の男性表紙というのは伺っていて、 マネージャーさんにも良かったねって言ってもらえたし、 嬉しかったです。 今後、 その称号はもう誰ももらえないわけだからシンプルにうれしい。 いい表紙、 いいページになればいいなと願っています。


『CLASSY.』編集長コメント

デビュー前から登場していただくたびに大反響の松村北斗さん。 この度ついに表紙に登場していただくことが叶いました。 「もしも会社の後輩に松村北斗くんがいたら…」という企画で、 2019年から何度もご登場いただいていますが、 CDデビューを経て、 スターのオーラがさらに増し、 もはや「後輩」というのは恐れ多いほどの貫禄が。 数々の雑誌のカバーを飾られていますが、 「後輩の松村くん」をイメージした衣装で、 CLASSY.でしか見られない松村さんの表紙になっていると思います。


 11月1日からはNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で朝ドラに初出演する松村北斗。 インタビューでは朝ドラについて、 クリスマスの思い出についてなど、 仕事からプライベートな話まで、 いろいろ語っている。


 『CLASSY.』12月号は10月28日(木)発売。

※本記事は掲載時点の情報です。