V6 岡田准一自らが表紙&特集グラビア撮影、『anan』史上初「最高の贈り物」

芸能総合 公開日:2021/10/17 20
この記事を
クリップ

『anan』(マガジンハウス)の 10 月 20 日(水)発売号は、「最高の贈り物」特集。今回なんと、岡田准一自身が撮影する、V6 の表紙&特集グラビアが実現した。


長い年月を共に歩んでき た岡田にしか撮ることができない、メンバーたちの自然な素の表情は、唯一無二なもの。anan 創刊 51 年で史上初となる、メンバー撮影によるグループ表紙というサプライズで登場する。 


今まで何度も anan の表紙と誌面を飾ってきた V6 。今回の号では、anan 史上前例のない、 スペシャルな企画が実現。 昨年から自身のカメラでメンバーの姿を撮り始め、デビュー25 周年ライブ「V6 For the 25th anniversary」の際に発売されたビジュアルブックや、アルバム『STEP』のブックレットで撮影を担当するなど、一番近くにいるカメラマンとしても、メンバーのことを見つめてきた岡田准一。 今回、そんな岡田に、anan の表紙&グラビアページの撮影をオファー。「今の 6 人を追いかけていく作品のひとつになれば…」と快諾してくれた。そして写し出されたのは、今、この瞬間、彼にしか切り取ることのできない、メンバーの姿。ずっと記憶に残り続ける、まさに V6 からの「最高の贈り 物」といえる企画になった。


まずは、ソロカットから撮影がスタート。最初に今回のコンセプトをひとりひとりに丁寧に説明し、ポーズのリクエストを伝えたり、背景のファブリックの使い方を提案したりと、コミュニケーションをとりながらの撮影で、だんだん空気も柔らかく。すっかりリラックスモードになったところで、表紙の全員集合カ ットを撮影。「敢えてお互いにちょっとだけ寄りかかっている感じ」を意図したという、絶妙に力が抜けたポーズ&表情は、岡田にしか引き出せないものになっている。


6 人揃ってのカットでも、自らもセットに立ちながら、常にモニターを確認し、メンバーそれぞれにポーズの指示をする姿も。 青空を背景にしたカットは、スタジオ屋上の台に上がったメンバーたちに、下から岡田が「コンテンポラリーダンスっぽい感じで!」と声をかけながら撮影が進んだ。のびのびと自由に動き続ける姿を、どんどんシャッターを切って捉えていくという、セッション感満点の現場の空気は、掲載されたカットからも、強く伝わってくる。 


そして、予定していたカットとカットの合間に、「ちょっと外で撮ってみていい?」とスタジオの外へ歩き出した岡田。それに続いて運河沿いの細い通路をスタスタと歩いていくメンバー。そうして、編集スタッフもそこまでは近づけないような限られたスペースで撮られたカットは、今の 6 人の、 奇跡のような煌めきの瞬間を捉えた、エモーショナルな一枚だった。 


インタビューでは、ベストアルバムに込めた想いや、改めて感じる V6 の強み、開催中のライブツアーでファンと触れ合って感じたことなどに加えて、各メンバーへ贈りたい「ありがとう」のメッ セージも掲載。26 年間の想いが詰まった、深く優しく美しい言葉の数々が集まった。 


【岡田准一コメント】 

6 人の間で何かがつながっているというのをテーマにしながら撮影しました。 『anan』の表紙というのは、僕らにとっては特別なもの。なかなか出させていただけないものだったので、今回初めて雑誌に撮り下ろし、それが『anan』というのは感慨深いです。 

今回の撮影は、『anan』ぽい、絶妙なおしゃれ感を意識しつつ、優しく穏やかな感じ、ふざけた感じを取り交ぜながら、楽しんで撮れればいいなと思いながら臨みました。

ソロのカットではメンバーに対する新たな発見もありましたし、これまで撮ってきたなかで一番いい表情もおさえられました(どのカットかは秘密です)。 

僕ら V6 は、「ちょっとだけ寄り添う」というのが一番心地いい関係。寄り添いすぎるのも違うしバラバ ラでもない。6 人の真ん中に意識があるような、6 人の間で何かがつながっているというのをテーマにしながら撮影しました。 

すごく楽しかったです。 撮りながら自分も撮られないといけないので、忙しくもありましたね。 


©マガジンハウス


【商品概要】 ●掲載誌:anan2271 号 ●特集名:「最高䛾贈り物」 ●発売日:10 月 20 日(水) ●特別定価:750 円 ●出版社:株式会社マガジンハウス ●全国䛾書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ