2.5次元作品で活躍、梅津瑞樹 カレンダーブック発売決定「 写真集としても楽しめる一冊」

芸能総合 公開日:2021/09/24 7
この記事を
クリップ

舞台『刀剣乱舞』やミュージカル『薄桜鬼』などの人気2.5次元作品で活躍し、 「虚構の劇団」にも所属している俳優 梅津瑞樹が、 2022年のカレンダーブックをリリースする。 


今作は、 とある男の光と影をテーマに、 梅津ならではのドラマチックな写真世界を構成。 レトロなアパート、 寂れた町、 古き良き銭湯などのロケーションで、 渋くダーティな姿を見せたかと思えば、 格式高い歴史を感じさせる洋館で気品ある紳士の装いを。 さらには梅津の素顔が感じられる自然の中でのカットも収録。 表現者としての振り幅の広さを感じられる、 写真集としても楽しめる一冊になっている。物語性のある写真の数々に、 ぜひ期待してほしい。


カレンダーブックの発売を記念して、 10月24日(日)、 10月30日(土)に東京・SHIBUYA TSUTAYAにてイベントを開催予定。 24日(日)には1対1でトークできるオンラインイベントも実施する。


<梅津瑞樹コメント>

この度、 2022年のカレンダーブックを東京ニュース通信社さんから発売していただくこととなりました。 

素敵なスタッフさん方のお陰で、 僕史上ありそうでなかった雰囲気のカレンダーに仕上がりそうです。 きっと一冊の小説を読むかの様に捲っていただけると思います。 

一人の男の、 落伍から大成。 はたまた、 どこからか夢に溺れているのか…。 暦を読むついでに、 色々な想像をして楽しんでいただけると幸いです。



【商品概要】
「梅津瑞樹2022カレンダーブック」
●発売日:2021年10月21日(木)※一部、 発売日が異なる地域がございます
●定価:2,750円
●撮影:樽木優美子
●発行:東京ニュース通信社
全国の書店、 ネット書店にてご予約いただけます。 詳細はTOKYO NEWS magazine&mook< https://zasshi.tv/ >をご確認ください。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ