美脚の主は西野七瀬だった!華麗な足さばきを披露する新動画公開

芸能総合 公開日:2021/09/21 10
この記事を
クリップ

西野七瀬が、トッズ・ジャパン株式会社の公式YouTubeチャンネルにて2021/22年秋冬新作ムービー『Sound of Emotions(サウンド オブ エモーションズ)』に登場した。



本動画の公開に先駆けて、出演者の足元だけを映したティザー動画を、9月14日(火)に公開。すらりと伸びる美脚の持ち主は、西野七瀬であったことが本動画で明らかに。本動画では足の動きで“喜怒哀楽”を表現しており、シーンに合わせて変わる西野の表情や華麗なステップを見ることができる。


さらに、撮影の裏側を映したメイキング動画と、インタビュー動画も公開。インタビューでは撮影の感想に加え、西野自身の“喜怒哀楽”についてや子どもの頃の話など、幅広く話している。




新トッズフレンズである西野七瀬が出演する本動画では、『Sound of Emotions』をテーマに、トッズのシューズを身に着けることで感情が変化する様子を描いている。足音もBGMの一部となっているミュージカル風の世界で、足の動きや表情で“喜怒哀楽”を表現する西野。華麗な足さばきや、表情の変化に注目だ。


撮影の裏側を映したメイキング動画では、“喜怒哀楽”それぞれに合わせた表情やダンスの見せ方を細かく調整する真剣な姿、撮影を楽しむ笑顔など、西野の様々な表情を楽しめる。


<西野七瀬 インタビュー>


――本日の撮影はいかがでしたか?

今日は朝から晩までみっちり撮影だったんですけど、喜怒哀楽を主に足元で表現するっていうのが新鮮で、どうやったらそう見えるかなって考えながらやるのも楽しかったです。


――ステップを踏むシーンがありましたが、やってみていかがでしたか?

振り付けを覚えて…みたいなことが久しぶりだったんですけど、楽しくできました。動きに感情を乗せるのがうまく表現できていたらいいなと思います。


――「新 トッズ フレンズ」になられての感想をお聞かせください

トッズは憧れでもあったので、「ブランドの世界観に合うようにならねば」って、責任感が芽生えました。


――今回動画では「喜怒哀楽」の感情を表現されていますが、西野さんは「感情が顔に出やすいタイプ」ですか?

仲良い子とか、気を許している家族とかの前ではめちゃめちゃ出ると思います。昔から言われてました、小さいときから。すぐ顔に出るって。


――喜怒哀楽、どの感情が一番表に出やすいですか?

「怒」。ちょっと不機嫌なときとかムスッってしちゃう子どもだったので、お母さんとかに言われてました。


――子供の頃はどのようなときに怒っていましたか?

相手をしてくれないとか、お母さんたちがママ会みたいな(話をしているとき)。話しかけても、子供の会話と大人の会話って、仲間に入れてくれない感じをすごく感じてて、そういうのでちょっと拗ねたりとか、あとお腹空いたりとか。思い通りにならないとムスッってしてましたね。伝わってほしいなって思って。


――大人になった今は、どの感情を一番感じやすいですか?

感じやすいのは「喜」と「楽」です。似た感じなので、自分の中では1個として認識したんですけど、嬉しいときは素直に喜ぶようにしています。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 24件)

関連タグ