わちみなみ 全開放写真集 初めて両親に贈呈、母親から「これはキレイだね!」

芸能総合 公開日:2021/09/12 6
この記事を
クリップ

明治大卒の Hカップ才女・わちみなみが、8月31日に2nd写真集『WM』(光文社)をリリース、12日には神保町・書泉グランデで、発売イベント記者会見が行われ、撮影秘話を語るなど大きな盛り上がりとなった。


自身で選んだという黒の「全裸風」スケスケ衣装で壇上となったわちは、今回の2nd写真集『WM』について「コロナ禍で海外に行けない今、どこにいるのかわかならいくらいの大自然の中で、自然に負けないよう“女ターザン”という意気込みで挑みました」「肌感の強い作品になっています」とその魅力を語った。


伊豆大島での撮影について問われると、「グラビアの撮影ってサンゴの上で膝立ちといった痛い経験や、崖の上など怖い経験が多いんですが、伊豆大島の砂漠はサラサラじゃなく溶岩質なんですよ。今までで一番痛くて、血が出るんじゃないかと思いました。「なんでこんなに痛いの!?」と自然に怒りながら撮影してました(笑)」と笑いを誘った。


お気に入りカットについては、ワインレッドの写真をピックアップし、「これ、スカートのすそを持ち上げてもらって、赤い壁に見立てて撮った写真なんです。なので、後ろから見ると、お尻が丸見えというギャップがお気に入りです」と撮影秘話を披露した。


『WM』で表紙にも採用されている入浴シーンについては、「はじめはベージュの下着を着て撮影してたんですけど、ラインが気になるので全裸で挑みました。スタイリストさんには止められましたけど(笑)」「このお風呂の入り方は「横半身浴」と名付けましたので、是非みなさんにもマネして欲しいです。チャレンジしてください!」とSNS投稿を呼び掛けた。


また、グラビア活動を強く反対していた両親に対しても、『WM』をきっかけに新たな関係性が!?「『WM』は開放的で、潔いので逆に贈ろうという気持ちになれました」と、今回初めて写真集を両親に贈ったというわち。いつもはダメ出しコメントしかないという母親からも、「これはキレイだね!」とお褒めの言葉があったのだとか。


反対していた母親すらも認める完成度となっている『WM』。発売イベントの開催も続くので、手に取り解放感を味わってみてはいかがだろうか。


【発売日】2021 年8月 31 日(火)

【タイトル】『WM』

【定価】3300 円(税込)

9 月 25 日(土)にヴィレッジヴァンガード MAGNET by SHIBUYA 109 店でイベント予定

【ページ数】128p

【出版元】光文社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ