香取慎吾 自身のアート提供する、パラアスリートへのチャリティ企画を発表

芸能総合 公開日:2021/09/05 12
この記事を
クリップ

9 月 5 日、香取慎吾が自身のレギュラー番組である『7.2 新しい別の窓』(ABEMA)を通じ、NFT を使ったチャリティ企画について発表した。


NFT とは「所有証明付き・偽造不可なデジタルデータ」のことで、ブロックチェーンという技術をつかって発行される。 ブロックチェーン上のデジタルデータは、コピーや改ざんをしにくくし、デジタルデータに価値を持たせられるようになった。 

(注)ブロックチェーンとは、耐改ざん性に優れたインターネット上の「台帳」です。参加企業の全取引を記録することで、改ざんが非常に困難で、停止しない仕組みになっています。


『7.2 新しい別の窓』(ABEMA)で、香取慎吾より発表されたのは、日本財団「パラサポ」への全額寄付チャリティ企画、「香取慎吾 NFT アートチャリティプロジェクト」 。 


2015 年、日本財団にパラサポセンターが開設されたことを記念し、香取慎吾が“i enjoy!”を テーマに壁画(縦 2.6m×横 6.1m)を作成した。 今回のチャリティプロジェクト(開始日時:9 月 6 日(月)18:00 から)に参加し、3,900 円を寄付した方にはパラサポでしか実物を見ることのできなかったこのアー ト作品が、ブロックチェーン技術を活用して、唯一無二で代替不可能な“NFT アート”として付与され、作品には参加順番に応じた「No00000NFT i enjoy ! 」というシリアルナンバーが入っている。 


寄付金は全額パラサポに寄付され、「国内のパラリンピック競技団体、及び IPC(国際パラリンピック委員会)によるパラスポーツの普及やダイバーシティ&インクルージョンの推進」などに活用される。 自身のアートを提供し、NFT によるパラアスリートへの寄付が決定したことについて香取は、「今回の愛ある取り組みでアナタにとって唯一無二のデジタルな宝物が出来たら嬉しいです。」と話した。


 また今回のアート作品購入サイトは 9 月 6 日にCHIZUSHOP 内にてアップされる。 



<香取慎吾 NFT アートチャリティプロジェクト概要> 

【販売期間】9 月 6 日(月)〜 9 月 30 日(木) 

【販売場所】CHIZUSHOP 

【販売物】香取慎吾さんアート NFT 

【価格】3,900 円 

【数量】1 万個限定 

【NFT 付与】LINE BIT MAX WALLET

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ