“挑む才女” わちみなみ「布一枚まとわず “やる気”だけをまとう」身一つで勝負

芸能総合 公開日:2021/08/30 25
この記事を
クリップ

Hカップに鋭角なくびれというパーフェクトボディだけではなく、近年ではクイズ番組での活躍もめざましい才女・わちみなみ

そんな人気急上昇中のホリプロ所属タレント・わちみなみが、2nd写真集『WM』を、8月31日にリリース。発売日には発売イベントも控えるという彼女を直撃し、その制作舞台裏や撮影秘話を聴いてみた。


――「WM」は、1st写真集「わちゅらる」との違いなどどのようになっていますでしょうか?

私自身の“撮られ方”が全く違います。

「わちゅらる」では、カメラマンさんを彼氏と仮定して、写真集全体を彼氏目線のデート風に作りみました。

撮影場所もタイのリゾート地と海外なので、卒業旅行に一緒に行ったような「彼女の私」が楽しめる作品になっています。

今回の「WM」では、カメラマンさんに「今の私、ありのままの私を撮ってもらう」ということを意識しました。

コロナの時期でもありますので、撮りたいような場所になかなか行けなかったり、撮る場所が限られていたりもしますので、非現実的で現実世界かわからないミステリアスな雰囲気に作りこんでいます。

ちょっと大人になった私を幻想的な世界観で楽しんで頂けると思います。



――わちさんは写真集好きという一面もお持ちですが、今作「WM」では、わちさんご自身の企画やアイデア、こだわりも盛り込まれているのでしょうか?

そうなんです。写真集を見たり研究したりするのが好きなんですが、最近出版されるの写真集の傾向は「デート風」のものが割と多いんです。

他にも神々しさがあったり、アイドルぽいものが多い印象ですね。

私は武田久美子さんの写真集『レディ・ニューヨーク』(1995年、スコラ刊)のような、どの写真を見ても一枚絵になるような写真集が好きなので、今回はカメラマンさんともかなり話し合って「絵になる写真」を作りこんで行きました。



――コンセプト通り非現実的で幻想的な開放感あふれる作品に仕上がっていますが、撮影で印象的だった出来事やエピソードを教えてください。

伊豆大島での撮影だったんですが、もう日本列島って本当に島国なんだな~!と痛感させられました(笑)。

八丈島には行ったことがあるんですが、また全く違う雰囲気で独特なんですよ!

浮世離れしていると感じるほどに自然がそのまま残されているんです。

中でも、国土地理院作成の地図で日本唯一の「砂漠」として登録されている、「裏砂漠」での撮影が印象的でした。

スタイリストさんから、「裸足の方がかっこいいかも」というアドバイスを頂いたので、裸足で撮影に挑んだんですが…、砂の性質が岩のようなんですよ!

膝の痛さが今までで一番でしたね!

グラビア撮影界隈では、「サンゴの上が一番痛い」と言われているんですが…。

もう完全にサンゴ超えたなと…。


一同

(笑)。


そんな神秘的なほどに大迫力の自然、人の手が加わっていない大自然に、布一枚や素肌で挑むわけじゃないですか。

もう大自然に負けないように存在感を放つことに必死になっていました。

気を緩めると負けちゃいそうなんで!

この「自然に負けない」という課題は、沖縄やタイでの撮影時にも感じていたんですが…、伊豆大島での撮影を経験してしまうと、沖縄やタイは優しいタイプの大自然だったんだなと思えるほどです。



――そんな大自然との撮影の中で、お気に入りのカットや衣装などございましたら教えてください。

やっぱり、表紙にもなっている半身浴で横になっている写真ですね。

「身一つで勝負」ということを体現していて、この時は下着も脱いで裸になって撮影に挑んでいます。

半身浴の際には、是非マネしていただけたら嬉しいですね。

SNSにマネっこして投稿してくださる方もいらっしゃるので、もっと増えてくれると嬉しいです!

意外と態勢がキツくて、首の筋肉が試されるんでその際はご注意ください(笑)。


一同

(笑)。


ポージングも実はタイトルの「W」や「M」に見えるようになっているんです。



――本当ですね!お身体の形が隠れミッキー的な「M」になっていますね!

そうなんです。

インタビュアーさんのポロシャツもひょっとして…。



――そうなんです。わちさんの「WM」をイメージして「M」の形に見えるものを選んで着て来たんです。

嬉しい!あとで写真撮らせてください!



――色んな方のインタビューでお写真撮らせて頂いていますが、お写真撮ってもらえるなんて初体験ですよ!(笑)。この半身浴シーンではお顔のアップもあり印象的だったのですが、半分水の中でお口をあけられているという写真も凄く幻想的ですね。浮世離れした一枚絵としてのパンチ力があると言いますか。

ありがとうございます!この写真も色々試してこの半開きに落ち着いたんです。

アイドル写真集ではよく、「ぷくぷく」っと空気の泡を出すものが多いんですが、インパクトに欠ける気がしたので試行錯誤し今の形に落ち着いたんです。

この写真に注目して頂けたのは本当に嬉しいですね!ありがとうございます!



――こちらこそ素敵なお写真をありがとうございます!お忙しい昨今かとは思いますが最近のハマり事などございましたら教えてください。

海の近くで生まれ、昔から海と親しんでいるので、マリンアクティビティが大好きですね。

学生時代には水泳部だったこともあるので、泳ぐのも好きですし、サーフィンも大好きです!オリンピックのサーフィンで五十嵐カノア選手の銀メダル、都筑有夢路選手の銅メダルがあったので、感化されてしまい今もサーフィンに行きたくてウズウズしてますね!

他にもゴルフも好きですし、サウナや銭湯巡りも大好きなんです。



――アクティビティへのガチ勢っぷりが凄いですね!ボディメイクのことを考えられてのことですか?

確かにボディメイクはきっかけとしてあります。

デビュー当初にピラティスに出会って、そこから写真集の前には必ず通うようになりました。

でもなかなか解決できない悩みがあったんですよ…。



――そのお悩みとは!?そして解決できたんでしょうか!?

そのお悩みとは…、「お尻がない」ということが悩みだったんです。

それまでは「胸はあるのにお尻がないからバランスが悪い」と言われていて、私自身も「骨格なんだからしかたないじゃん…」と諦めていたんです。

ところが、通い始めたピラティスは骨格改善で「骨を変える」という方針なので、今ではすっかりバランスが整っています!その辺りもしっかり写真集「WM」でご確認頂ければと!


一同

(笑)。



――楽しいだけでなく驚きのあるインタビューをありがとうございます!それでは最後になりますが2nd写真集「WM」の魅力を視聴者に向けよろしくお願いいたします。

表紙からわかるように、布一枚まとわず、“やる気”だけをまとい、大自然にまけないよう挑んでいます。

発売日の8月31日にはオンラインサイン会もありますので是非遊びに来てください!

「WM」では、グラドルとしての私はもちろん、今まで見たことのない新しい私もお見せしています。

是非見て感じて頂けたらと思いますので、「WM」よろしくお願いいたします!



【わちみなみ2nd写真集「WM」】

出版社 ‏ : ‎ 光文社 (2021/8/31)

発売日 ‏ : ‎ 2021/8/31

撮影:LUCKMAN 

単行本 ‏ : ‎ 128ページ

【わちみなみ「WM」オンラインサイン会】

URL:https://muvus.jp/muvus/cmdtyList.php?cat=dx3RZCxBxWci(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ