中村倫也のオフな時間とオンの気持ち、最近ハマっている食べ物も明かす

芸能総合 公開日:2021/08/27 28
この記事を
クリップ

8月27日発売の『CLASSY.』10月号(光文社)に、俳優の中村倫也が登場している。


独特のふわっとした雰囲気と大人の色気で大人気の中村倫也。
秋には劇団☆新感線の舞台に主演。ミステリアスな印象もある中村にピッタリな陰陽師・安倍晴明を演じる。約2年ぶりという舞台にむけてのオンモードの気持ちと気になるオフタイムの過ごし方を聞いている。


料理好きな中村が最近ハマっているものは、「青のりが入っている納豆と燻製されたウインナー」だそう。


今号には、SixTONES・松村北斗が7カ月ぶりに『CLASSY.』に登場。話題の"ワーケーションデート"をテーマに今回も素敵すぎる表情を見せる。「20代後半は自由な発想が生まれる余白や心のゆとりを持っていたい」と語るインタビューにも注目だ。


不定期連載「日常でこんなイケメンに出会える世界線だったなら…」には、『CLASSY.』4月号で"パン屋でよく会う男の子"を演じた大橋和也(なにわ男子)が再登場。今度は、秋の休日にいろんな場所で出会ったら…をテーマに撮影。レトロな喫茶店でパフェをほおばる食欲の秋、スケッチブックに絵を描く芸術の秋、書店で本を物色する読書の秋…いろんな表情を見せる大橋に注目だ。「正直、前回に続いて"イケメン"という括りの企画に出させていただくのは恥ずかしいけど…(笑)」と語るインタビューもお見逃しなく。


■『CLASSY.』10月号
8月27日(金)発売

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)