関ジャニ∞ セルフプロデュースの表紙撮影に挑戦、横山裕は名監督ぶりを発揮

芸能総合 公開日:2021/08/26 11
この記事を
クリップ

8月27日に創刊40周年を迎える『with』(講談社)。大きな節目となる今号のカバーを飾るのは、関ジャニ∞。タキシードに身を包んだ5人が祝祭感たっぷりに、表紙とさまざまな特集に登場する。 




オトナのスタイリッシュさを意識した、細身シルエットのタキシードを難なく着こなしスタジオに登場すると、あまりの華やかさにスタッフからも思わず拍手が。それを聞いて「ええやろ?」と笑顔を見せた丸山隆平は、この日の撮影中もずっとムードメーカーとして明るく現場を引っ張ったという。 


実は2010年4月号から約4年半にわたり『with』で連載を続けるなど、折々のインタビュー以外でも『with』と縁の深い関ジャニ∞。今回は8ページで構成される自身の特集『ほら、やっぱり最高で最強! 関ジャニ∞ special』だけでなく、2つの創刊40周年特別企画にも登場している。


with10月号のメインテーマは「私たちが、働くということ。」。関ジャニ∞×with40周年特別企画Part1は、この特集のリードストーリーだ。 「こんなオフィスがあったら今すぐにでも働きたい!」と思わせるような理想的な空間で5人が演じたのは、まさに“チーム関ジャニ∞”を彷彿とさせるワーキングシーン。持ち前のセンスでこのカットを牽引した村上信五をはじめそれぞれの演技が光るなか、チームワークが表現されたスペシャルなストーリーとなった。そしてそれぞれが個性を発揮し活躍を続けるメンバーに、あらためて尋ねた「働くとは?」。読者より少しセンパイ世代にあたり、悩みや葛藤を抱きながら人生を歩んできた5人だからこその名言が光るインタビューは必読。 


さらに40周年記念号ならではの特別企画Part2として、連載『東京散歩。』復刻版!を掲載。グループ初の女性誌連載として2010年2月にスタートしたこの連載をはじめ、計3本の連載を担当していた関ジャニ∞。記念すべきその初代連載が、この号限りの特別復活!大人のわちゃわちゃが詰まったハッピーな世界が『with』に出現している。 


この企画では、5人がセルフプロデュースの表紙撮影に挑戦。「アイドル」「クール」「おもしろい」「躍動感」「芸術的」といったテーマごとに、各メンバーが他の4人にポージングや表情を指示し、実に関ジャニ∞らしいユーモアやセンスが凝縮されたカットが続々と誕生していった。あるテーマを担当した横山裕は「マルはこう。大倉は、こんな感じ」と立ち位置やポーズを細やかにリクエスト。撮影中、安田章大が独自にアレンジを加えようとすると「おい、ヤス ! 勝手なことすんな(笑)」と目を光らせ、名監督ぶりを発揮していたそうだ。なんとこのページはシャッターを担当したのもメンバー自身。セルフシャッターによるスペシャルな空気感を、連載を振り返る座談とともにお楽しみいただきたい。 


そして、5人の美しさにアプローチした特集「ほら、やっぱり最高で最強! 関ジャニ∞ special」も必見。アンニュイな魅力を放つオトナの輝きをストレートに。バラエティ番組で見せる「おもしろさ」はもちろん、実力派としてスター街道をのぼってきた彼らのスター性を、あらためて楽しめる美ビジュアル。うっとりと堪能できる8ページだ。


インタビューでは、事前に読者から寄せられた質問にメンバーが全力回答。なんと、10月号を通して90問90答以上が掲載され、さらには座談トークも!という大ボリュームぶり。メンバーの「今」、そして想いを感じられるファン必携の1冊となっている。さらに、同号に登場する「なにわ男子」へのメッセージも掲載。すぐそばで彼らを見つめてきた関ジャニ∞らしい愛情がこもった、素敵なコトバたちに注目だ。


過去も現在も変わることなく、『with』の現場でぬくもり感あふれるベストパフォーマンスを見せてきた関ジャニ∞。今回の撮影の最後には、横山を皮切りに「40周年おめでとうございます!」と口々にお祝いするなど、現在進行形のあたたかいキャラクターが溢れていたという。 


5人の最新・最高・最強の姿をたっぷりと味わえるwith10月号は、8月27日発売。(なお関ジャニ∞が表紙に登場する「with10月号通常版」、広瀬アリス・宮田聡子・トリンドル玲奈が登場する「with10月号増刊」とは同様の誌面内容)


   


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)