世界を夢中にさせるアイドル 宮脇咲良『ViVi』に表紙でカムバック

芸能総合 公開日:2021/08/16 15
この記事を
クリップ

『ViVi』10月号(8月20日発売・講談社)では、宮脇咲良が登場している。


I*ZONEの活動期間の終了。 HKT48へ復帰。 そして48グループからの卒業。 卒業後はSNS配信や広告など、 とにかくニュース続きの 宮脇咲良。 今後の活躍に、 ファンからも関係者からも注目が集まる彼女って、 いったいどんなトップアイドルなんだろうか、 と撮影現場で待っていると、 「おはようございます」と、 バゲットハットを目深にかぶった、 今どきコーデの、 小柄で華奢な女の子が登場。 「こんな華奢な子が、 ステージでがっつり歌って、 バッキバキに踊っているの!?」と、 正直かなり驚いたのを覚えている。


ただそんな驚きはどこへやら。 メイクをして、 衣装に身を包んでメイクルームから出てきた“宮脇咲良”は、 モノトーンコーデを難なく着こなし、 ポージングも卒なくこなし、 その姿は完全にスター。 現場は「可愛い!!」コールのオンパレード。

撮影後のインタビューでは、 「好きな漫画は『NANA』で、 誰派か語りました」「自撮りは自然光が一番盛れる!」と普通の女の子な一面を見せたと思いきや、 「ファンとわたしを足して“宮脇咲良”が完成する」「否定されても全然大丈夫」と常にファンのことを考えている発言も。どんな質問にも本音で語ってくれる姿に、 「世界がこの子について行きたくなる気持ちが分かる!」と感動したのだった。

そして実は、 「宮脇咲良、 23歳」 企画の最後のページは、 本人へのサプライズが。 ここで書いてしまうと、 サプライズにならないので、 誌面を見てほしいのだが、 宮脇咲良という人が本当に周囲に愛されていることが分かるはず。 収まりきらなかった想いは、 後日NETViViでも配信予定。 ぜひお楽しみに。

『ViVi』10月号通常版は宮脇咲良がアジアブランド大使をつとめる話題のコスメブランド 「Flower Knows(フラワーノーズ)」ティントリップとミラーの豪華付録 つき。付録のリップは、 10月号の表紙で登場する宮脇が実際の撮影でメイクに使ったものと同じカラー。 抜け感のある優しい色合いのピンク(色番:G12 ピーチジェリー)とじゅわっとした質感が特徴だ。 こちらは通常版だけのスペシャルな付録なのでお見逃しなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)