平野紫耀 とにかく謙虚な一面、主演映画続編で“本気で心配”したこと

芸能総合 公開日:2021/08/05 16
この記事を
クリップ

King&Princeの平野紫耀が8月10日(火)発売の『週刊朝日 2021年 8/20-27合併号』(朝日新聞出版)で表紙&グラビアに登場する。


大ヒット漫画を実写化した、映画「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」が8月20日に公開される。天才主人公・白銀御行を演じる平野紫耀は、意外なことに「恋愛偏差値は高くない」と語る。それでも「好きな人ができたらすぐ告白します」という平野が、唯一、白銀にアドバイスしたいこととは……!?


平野へのスペシャルインタビューでは、トップアイドルなのに、自分への評価も恋愛観もとにかく謙虚な一面が垣間見えたという。映画「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」で演じるのは天才少年だが、平野によれば、実際の自分とは真逆のキャラクター。「いまだに『何で僕なんだろう?』って思っています。続編を撮ると決まった時は、白銀だけ役者が変わってたらどうしようって本気で心配しました」と告白する。


恋愛偏差値でも白銀に勝てる自信はないというが、それでも「唯一勝てると思うところ」があるという。その答えを聞けば、平野の魅力にさらに惹きこまれること間違いなし!?気になる答えは本誌でお確かめいただきたい。


■週刊朝日 2021年 8/20-27合併号

発売日:2021年8月10日(火曜日)

定価:470円(本体427円+税10%)

※本記事は掲載時点の情報です。