SixTONES 極彩色モードを艶やかに纏う 『anan』表紙に登場

芸能総合 公開日:2021/07/19 13
この記事を
クリップ

SixTONESが女性グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス)の7月28日(水)発売号表紙&グラビアに登場。眩い夏の閃光の中、極彩色モードを艶やかに纏う。




King Gnuの常田大希が楽曲提供、5thシングル『マスカラ』が8月11日(水)に待望のリリースとなるSixTONES。彼らにとって新しい挑戦となるリリース直前、約半年ぶりに『anan』の表紙に登場する。


今回の特集は、時代の新しい表現の担い手たちを紹介する「新世代カルチャー2021」。常に多彩で先鋭的な世界観を表現し新しい音楽カルチャーを生み出し続ける、SixTONESの魅力が全開のグラビア&インタビューとなっている。


今回の撮影テーマは、「極彩色の野望」。ソロショットは光に反射するメタリックなセットで近未来な空間を演出。その眩い世界で原色が際立つ極彩色なモードスタイルを纏い撮影。彼らがもつ圧倒的なワイルドさ、スタイリッシュさが、ひと際アップデート!異次元級の格好よさをご堪能あれ。


一転して、バディショットは、ガラス越しに水滴を纏う湿度たっぷりの雰囲気で撮影。柔らかなカラーライトの中、ジェシーと森本慎太郎、田中樹と髙地優吾、京本大我と松村北斗それぞれがバディで表現する“艶めく夏の夜の切なさ”に注目だ。


インタビューでは、新曲『マスカラ』の聴きどころはもちろん、この夏アップデートしたいことを直撃。Teamへの絆と想いが強いSixTONESならではのメッセージは必読だ。


また、今号のCLOSE UPでは、『白蛇:縁起』にて吹き替え主演が話題の佐久間大介(Snow Man)が登場。そして、今号から、Hey! Say! JUMP『群青ランナウェイ』を8月25日リリースに向けてのカウントダウン企画として4号集中のバディ連載がスタート。第1回には、山田涼介と有岡大貴が登場する。(*Hey! Say! JUMP の「a」はセンチュリーゴシック体が正式な表記)


■anan2260号
特集名:「新世代カルチャー2021」
発売日:7月28日(水)
特別定価:680円
出版社:株式会社マガジンハウス
全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売

Ⓒマガジンハウス

※本記事は掲載時点の情報です。