奈月セナ、うえのやまさおりが描くエロスの世界にどう挑む?

芸能総合 公開日:2021/06/11 11
この記事を
クリップ

気鋭の女優達が演出し、モノローグでエロスを描くオンラインリーディングシリーズ「文芸エロス」。


脚本家・演出家としての顔も持つ、うえのやまさおりが「唾液」に続き、「革の檻」「バーバー御園」新作2作品を手掛ける。そして、この2作品に挑むのが、“今最も写真集が売れているグラビアアイドル”、奈月セナということで注目度は高い。6月11日には東京都内で囲み会見を開催し、奈月セナ×うえのやまさおり両名がその意気込みと作品の魅力をアツく記者団に語った。


セクシーな黒のタイトスカートで壇上に現れた奈月は、「普段はグラビアのお仕事が中心なので、声での表現は自分にとって初めてで難しい挑戦。楽しみにしていてください!」と話し、大人の魅力ムンムンで現れたうえのやまは、「収録を4分の1ほど終えた段階ですが、既に終わってほしくないような心境。奈月さんの魅力を最大限に引き出せれば」とその意気込みを露わにした。


エロスを声や表情で表現する「文芸エロス」だが、奈月はそのオファーを受けた際の心境を、「声でのお芝居という経験はないし、既にシリーズ化されている作品なのでプレッシャーを感じました」と振り返り、うえのやまとの出会いについては、「あふれ出る大人のエロスに圧倒されて緊張しました(笑)」と語り会場を和ませた。


今回2人が作る「革の檻」「バーバー御園」の2作品は、主人公の性質が対極的、「革の檻」では堂々とした女性像、そして「バーバー御園」では大人しく控えめな女性が描かれている。この点に関しうえのやまは、「奈月さんは、こんな表情があるんだ!?と色んな表情を魅せてくれる」「奈月さんは頭がいいので、今回の課題はどこまでバカになれるか」「奈月さんの持つ本来の奥行きを可視化する作品」と奈月の懐の深い表現力を語り、奈月自身は「『バーバー御園』では、自信のない女性が主人公です。私は自分で言うのもなんですが、自分には自信がある方。役を演じるのは難しかったけど、私を知っている人にこそ見て欲しい。堂々とした私のイメージを覆す表現をしています」と自信をのぞかせた。


なお、「バーバー御園」は6月11日より配信チケットの発売を開始。梅雨のジメジメだけでなく、昨今のモヤモヤまで吹き飛ばす新感覚のエロス、いち早く作品を体感してみてはいかがだろうか。


【「バーバー御園」通常バージョン&ASMRバージョン配信決定!チケット好評発売中】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)