亀梨和也、始球式にサプライズ登場、選手への配慮ある行動は“さすが野球人!”

芸能総合 公開日:2021/06/04 11
この記事を
クリップ

株式会社ヤクルト本社は、2021年6月1日から亀梨和也を起用した「タフマン」シリーズ新CMのOAを開始。これを記念し、本日6月4日(金)「東京ヤクルトスワローズ VS 埼玉西武ライオンズ」にて「やばいぜ。タフマン ナイター」を開催した。

同ナイターには、「タフマン」シリーズ新CMに出演している亀梨和也が登場し、約3年ぶりとなる始球式を務めた。


《オープニングトークの様子》

「タフマン」新CMのOAを記念し「やばいぜ。タフマン ナイター」と題された本日の試合。球場にCMキャラクターを務める亀梨和也がサプライズで登場。突然の登場に球場のファンも驚きの様子で、友人同士で顔を見合わせる姿や、球場モニターを見ながら盛り上がる姿が見られた。オープニングでは、胸元に「Tough-Man」とあしらった特別なユニフォーム姿を披露。「タフマン」シリーズの新しいCMを球場のファンに披露した他、気合と元気を届けるべく、約3年ぶりとなる始球式に登板する事も発表された。亀梨は「タフマン 」のキャッチフレーズのように“やばい”投球を見せたいと思います!」と始球式の意気込みを述べ、トーク終了後には手を振る男の子のファンを見つけ、優しく手を振り返すなど、微笑ましい光景も見られた。


《始球式の様子》

亀梨は両軍ベンチ、観客席にお辞儀をしてからゆっくりと投球位置へ向かった。悪天候の中での始球式となったため「マウンドを綺麗なまま、選手に使っていただきたい」との亀梨の思いから、マウンド前からの投球となった。投球位置に立つと、守備に就いている選手へも一礼。選手、ファンへのリスペクトを忘れない亀梨の姿は「さすが野球人!」と感銘を受けるシーンだった。 投球は、力強くキャッチャーミットへ収まったが亀梨は「高めに浮いてしまったので、65点くらいですかね」と悔しさを滲ませた様子だった。


1/2ページ