浜辺美波出演、令和3年東京都議会議員選挙の周知用動画が公開

芸能総合 公開日:2021/06/03 11
この記事を
クリップ

東京都選挙管理委員会は、7 月4日(日)執行の令和 3 年東京都議会議員選挙に向け、若い世代はもちろん、幅広い世代に投票を呼びかけるために、東京都議会議員選挙のイメージキャラクターに浜辺美波を起用。『「今」の想いを、東京のエネルギーに。』をキャッチコピーに、6 月 3 日(木)より周知用動画『想いを、一票に。』篇と『TOKYO ニューTOHYO マニュアル』篇を公開した。


『想いを、一票に。』篇では、浜辺が、新しい生活を送る家族や友達、身近な人、そして遠くの誰かなど、さまざまな人の想いに寄り添い、その想いが未来の東京を作っていくというメッセージを描いている。 また、『TOKYO ニューTOHYO マニュアル』篇では、期日前投票をはじめとする選挙に関する 10 のお作法を次々に紹介している。可愛いイラストで表現された浜辺の表情や仕草にもぜひ注目してほしい。


<浜辺美波インタビュー> 

―今回の動画撮影に関する感想を教えてください。 

(エキストラの方が代わる代わる登場し、そこを浜辺が通り抜けるワンカット撮影のため)一連での 撮影だからこそ、楽しくて緊張感のある撮影でした。 


―今回の動画は “「今」の想いを、東京のエネルギーに” というキャッチコピーでしたが、生活が新しくなって、何かを想う機会は増えましたか?またそれはどのような想いですか? 

祖父母のことを考える機会が増えました。会える機会が減ったことで、より「連絡とってみよう」「いい写真が撮れたから送ってみよう」と想うようになりました。 


―「想いを、一票に。」篇の中では、ランニングを楽しむ人や、親子のリモート通話シーンなど、新しくさまざまなことに取り組む人々が登場しています。浜辺さんが、最近新しく始めたことはありますか? 

小さなプランターにミントを育て始めました。夏にかけて育ってくるのが楽しみです。 


―「TOKYO ニューTOHYO マニュアル」篇の中では、投票用紙を投票箱に入れて自分を褒めるというシーンがありましたが、最近、自分自身を褒めてあげたいと想うような出来事はありましたか? 

誕生日のときにいただいたプロジェクターを使って、今までおすすめして頂いた映画を見るようになりま した。良い時間を過ごしているなと自分を褒めたくなりました。 


―初めて選挙に行かれたとき、どのような印象でしたか? 

初めて選挙に行ったのは、18 歳のときでした。(投票の仕方が)あっているか不安でキョロキョロしていましたが、投票後にマネージャーさんに「終わりました」と連絡したことをよく覚えています。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ