髙橋ひかる、役作り中の習慣は「じゅうたんに横になって仮眠する」

芸能総合 公開日:2021/06/01 11
この記事を
クリップ

ドラマ『春の呪い』(テレビ東京系)で民放地上波ドラマ初主演している髙橋ひかるが、6月1日発売の『週刊FLASH』(光文社)のグラビアページに登場、透明感に満ちた美しさを披露している。


撮影したのは、ドラマの役作りに取り組んでいたころだった。 「今回の『春の呪い』は、許されない恋がテーマで、複雑な感情がたくさんある。原作や台本を何度も読み、リハーサルで監督さんとお話して、役を自分に落とし込む努力をしています。そうすると寝れなくなっちゃうんですよね。お肌に悪いので、じゅうたんで横になって仮眠をとっています」


その甲斐あって、女優・髙橋ひかるはいま、可憐な花を咲かせている。


写真◎柴田フミコ


<雑誌情報>

週刊FLASH

6月1日(火)発売 

特別定価480円  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ