堂本光一「中途半端な表現は見せられない」エンタメの最前線に立ち続ける胸の内語る

芸能総合 公開日:2021/05/28 13
この記事を
クリップ

堂本光一が表紙を飾る、音楽雑誌『MG(エムジー)』(東京ニュース通信社)が本日5月28日(金)に発売。



新しい時代に合った、新しい音楽の楽しみ方を提案する、新しい音楽雑誌「MG(エムジー)」第5号が発売。超BIGサイズの誌面で大迫力のグラビアとライブリポートをおくる。


表紙・巻頭特集には堂本光一が登場。6年ぶり5枚目のソロアルバム『PLAYFUL』の魅力に迫る。今作では、アルバムのジャケット、初回盤Aの特典映像である「Ⅴ(ファイブ)Short Movie」を、「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」シリーズをはじめ、世界的に支持されるゲームを製作してきたSQUARE ENIXと夢のコラボレーションが実現。巻頭グラビアでは、そんな〝V(ファイブ)″にちなみ、5つの異なる世界で堂本光一の撮影が行われた。

ロングインタビューでは、会心の一枚といえるアルバムについてはもちろん、「(コロナ禍では)会場まで足を運んでくれたお客さんは相当の努力をしてきてくださる。僕自身としても中途半端な表現は見せられない。それくらい真摯に向き合って表現を届けないといけない」というエンターテインメントの最前線に立ち続ける胸の内も語る。


そのほか、「Ⅴ Short Movie」の制作を手掛けたSQUARE ENIXの野末武志氏、水田直志氏に堂本光一とのコラボの舞台裏を聞くインタビュー、堂本光一のソロアルバムの軌跡を振り返る保存版ディスコグラフィーも特集する。


注目のアーティストも続々登場。両A面シングル「Shake & Shake / ナイトウォーカー」 をリリースするsumika、ニューシングル「ディスタンス」をリリースしたflumpool、ニューシングル「No.1」をリリースしたDISH//、ニューアルバム「SHISHAMO 7」 をリリースするSHISHAMOは、それぞれ8ページのグラビア&インタビューを送る。そのほか、GRAPEVINE、KENZO、岡崎体育、EMPiRE、Kroi、諭吉佳作/menらのグラビア&インタビューも必見だ。


BIGサイズの判型を活かした大迫力のライブリポートも盛りだくさん。10周年イヤーにふさわしい演出で魅了したKis-My-Ft2の配信ライブ、1年半ぶりの有観客ライブを行ったDISH//の圧巻のライブリポートをお届けする。


6月1日(火)より電子版も各電子書店で順次配信開始予定となっている。


■「MG(NO.5)」
発売日:2021年5月28日(金)※一部、発売日が異なる地域がございます
判 型:B4判(364×257)
定 価:1,210円

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)