神谷明采、“日本一美しい女子大生”が本格グラビア初挑戦

芸能総合 公開日:2021/05/18 6
この記事を
クリップ

東京大学教養学部文科Ⅱ類2年の神谷明采が、5月18日発売『週刊FLASH』(光文社)で本格グラビアに初挑戦している。


『ミス東大2020』グランプリに続き、各大学のミスが競う『MISS OF MISS 2021』でグランプリを獲得。だが、入学してから、ずっと授業はオンライン。毎日の生活はあまり変化がないという。


「正直、実感が湧かないです。ミスキャンパスなのに、キャンパスライフをいまだに送れていないので…。家にトロフィだけがあるって感じですね(笑)」


撮影ではクラブ初体験。また、レオタード姿も披露している。「高校時代はずっと勉強していました。入学したらコロナ禍で、クラブにはきょうの撮影で初めて入りました。レオタードを着て踊らせていただいたのも久しぶりです。3歳から15歳までクラシックバレエを習っていたのですが、明日は筋肉痛が酷そうです」。

Ⓒ彦坂栄治


<雑誌情報>

週刊FLASH

5月18日(火)発売 

特別定価480円  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ