V6 メンバー全員で『anan』表紙に登場、“渋かっこいい” の極致必見

芸能総合 公開日:2021/05/17 14
この記事を
クリップ

『anan』(マガジンハウス)5月26日(水)発売号は、「エンタメ可能性!」特集。表紙&グラビアには、 V6 が全員で登場。メンバーそれぞれが今想いを語る貴重な特集となった。


さまざまなカタチに進化する、エンターテインメント世界。今号で、なかでもいま話題コンテンツ を取り上げ、その求心力の秘密を深掘りした。


表紙には、今年デビュー26 周年を迎え、さらなる 一歩を踏み出そうとしている V6が登場。6月2日に最新ダブルAサイドシングル『僕らは まだ/MAGIC CARPET RIDE』をリリース直前タイミングで、いまメンバーに、ファンに伝えたいこと、そして様々な“可能性”を形にしてきた V6 の活動への想いについてたっぷり語ってくれた。 


グラビア全 12 ページで構成。前半は、クールなスーツスタイルの 6 人が、円熟な魅力を存分に発揮。V字になり、光に向かって進むかのようなショットな超クール! 坂本昌行と井ノ原快彦、 長野博と岡田准一、森田剛と三宅健それぞれのバディショットは、渋くかっこよく。年月を重ねたからこその空気感は必見だ。


お互いへのメッセージは、長い時間ともに進んできた仲間だからこその優しさや思いが滲み出ていて、読めば胸がアツくなるはず。ソロカットでは、一転して、 柔らかなニットやシャツスタイルに。実は、この日の天気は雨。しっとりとした光の中で、大人の男の器の大きさが滲み出るグラビアになった。さらに今回、カミセン中心のショットとトニセン中心のショットの両方を撮影。和やかに、そして賑やかに! まるでカミセンとトニセンのエール交換会のような、 家族写真のような、とても素敵な集合カットが実現した。 メンバー同士が、肩に手を置く、置かないでふざけあうお茶目な姿も激写。お見逃しなく!


インタビューは、ひとりずつの話と、全員揃っての座談会的な話との両方を。どちらも、V6 の活動への想い、ファンへの想いにあふれた内容は必読だ。 


【商品概要】 

●掲載誌:anan2251 号 

●特集名:「エンタメの可能性!」 

●発売日:5 月 26 日(水) 

●特別定価:700 円 

●出版社:株式会社マガジンハウス 

●全国書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売  

※本記事は掲載時点の情報です。