神木隆之介「すごくいい朝帰りだった」 ハマった『FF14』への愛止まらず苦笑い

芸能総合 公開日:2021/05/15 5
この記事を
クリップ

俳優の神木隆之介が15日、都内で開催された「ファイナルファンタジーXIV(フォーティーン) デジタルファンフェスティバル 2021」内のステージ「直樹の部屋」に出演した。

【写真】神木隆之介:イベント&フォトセッションの写真(全20枚)



「直樹の部屋」のホストは「FFXIV」のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏。同ゲームにゆかりのあるゲストを呼びトークをするもので、今回は「FFXIV」のファンでプレイヤーでもある神木が招かれた。


神木が「FFXIV」と出会ったのは約2年前で、「10年以上一緒にいる親友が一緒にやろうと言ってくれたのがきっかけ」だ。「当時、操作方法がわからず、スキルとかバトルシステムを学びながら、夕方から次の朝まで満喫した。ラーメンとか頼みながらずっとプレイしていましたね。パソコンの環境も整っていなくて漫画喫茶に通っていて、朝帰りが多かった。冒険して協力して何かを成し遂げて、すごくいい朝帰りだった」と夢中になったという。


好きなキャラを聞かれると、食い気味に「ティターニアです」と答え「ティターニアが出てくる音楽と世界観、全部好きです!」とにっこり。魅力については「国とか母国語を関係なくゲームの世界で生きることができる。ジョブの中で自分の役割が必ずあるんですよ。同じ敵を倒す仲間もいるし、パーティー崩れちゃいけないので同じ方向を向いている。助けたり、助けられたりする。敵に挑んで全滅するともう一回最初からなんですが、励まし合ったりするんです。本当に、もう1つ世界がある」と愛が止まらず。「みなさんどこでコイツのコメント切ったらいいのかわからないと思う」と自分自身に苦笑いだった。


この日、神木は「FFXIV」の公式アンバサダーに就任することになり、吉田氏から任命書を受け取った。


「家宝です。信じられない気持ちでいっぱい。言葉では表せない」と感無量の表情で、「ゲームの中で会ったことのないけど仲良くしてくれるフレンドもいる。海外の方もいるんです。おこがましいけど、もう1つの生きる世界に出会ったゲームなので、めっちゃうれしいっす!頑張ります」と意気込んだ。


同フェスティバルは全世界の「FFXIV」ファンに向けて行われるイベント。従来は日本・北米・欧米の会場にファンが集う大規模な催しだったが、新型コロナウイルスの影響で今年は日本からの配信のみに。15日と16日の2日間かけて行われ、声優を招いてのトークイベントやクイズ番組、ライブなどが実施される。アーカイブはYouTube、ニコニコ動画、Twitchにて公開される予定。


【画像】写真をもっと見る(全20枚)




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ